牛と味玉の豚角煮丼(松屋)の感想

松屋の期間限定!沖縄ラフテー風「牛と味玉の豚角煮丼」

夏から秋へと少しずつ空気が入れ替わってきた2019年9月10日の火曜日。

「牛めし」や各種「焼肉定食」でおなじみの松屋から発売された期間限定メニューが、沖縄ラフテー風「牛と味玉の豚角煮丼」です。

松屋ではめずらしい「豚角煮」を採用したメニューだけに、どんな味なのか気になりますね。

値段は並盛が650円、大盛が710円です。今回は生野菜セットで注文したので、支払った金額は750円でした。

そして実際に注文した「牛と味玉の豚角煮丼」がこちらです。

松屋の「牛と味玉の豚角煮丼」野菜セット

ご飯の上には松屋の看板メニューである牛めしのお肉と、オリジナルのやわらかい豚角煮、そして特製醤油でじっくり煮込んだという味付け玉子が乗っています。

牛と味玉の豚角煮丼

まずは生野菜サラダに胡麻ドレッシングをかけて完食。

次に豚角煮を食べてみましたが、お肉はお箸で切れるぐらいやわらかく煮込まれており、甘じょっぱい味付けで美味しかったです。

また牛めしのお肉はもはや定番の味付け。味付け玉子は美味しいラーメン屋さんを連想させるような風味で、こちらも旨かったですね。

今回は豚角煮丼を食べてみましたが、「豚焼肉と豚角煮のあいもり定食」も同時発売されています。

こちらは牛肉ではなく松屋で人気の豚焼肉を食べられるメニューで、こちらも間違いなさそうです(^^♪

ランチランキングTOPページに戻る

スポンサードリンク