餃子の王将の感想

餃子の王将の感想

京都で創業した老舗の中華料理店!餃子の王将

「餃子の王将」の看板

餃子の王将は、京都府京都市に本社がある株式会社王将フードサービスの中華料理チェーンです。

創業はなんと、1967年(昭和42年)。

50年以上の歴史がある老舗であり、公式サイトの情報によると、2020年3月31日時点の店舗数は、直営店が523店、FC(フランチャイズ店)が214店で、合計737店も運営しています。

全国で人気のカフェ「コメダ珈琲店」などはフランチャイズ店がほとんどの印象がありますが、餃子の王将は直営店をたくさん展開しているのですね。

また、同じ中華料理のジャンルである「大阪王将」と混同されることもありますが、餃子の王将と大阪王将は異なるお店です。

餃子の王将は京都で創業したお店で、大阪王将の発祥は大阪です。王将フードサービスの創業者の親類が、暖簾分けする形で大阪で創業したのが、大阪王将なんですね。

この2つのお店を区別するために、餃子の王将を「京都王将」と呼ぶ人もいらっしゃるそうです。

そんな餃子の王将へ実際に行ってみて感じたことは、「定番の美味しい中華料理を、リーズナブルな価格で頂けること」です。

2021年5月時点の定番メニューの値段は、餃子が税込264円、回鍋肉が税込528円、酢豚が税込572円、チャーハンが税込495円、焼きそばが税込528円です。

メニューの種類や数もとても豊富ですし、何度もリピートしたくなる魅力が詰まっています。

その他、食材の生産地や安全性にこだわっていることや、手作り調理を大切に考えていることも、魅力的なポイントの一つだと思います。

このページでは、そんな「餃子の王将」のお店にて、実際に各種メニューを頂いた感想をまとめております。

飯類・麺類メニューの感想

極王炒飯 揚げそば

一品料理の感想

ニラレバ炒め 肉と玉子のいりつけ

餃子の王将の公式サイトはこちら

スポンサードリンク


定番の中華をお得に味わえる「ジャストサイズメニュー」

餃子の王将のジャストサイズメニュー

餃子の王将の大きな特徴の一つとして挙げられるのが「ジャストサイズメニュー」の存在です。

定番の中華料理をちょっとだけ安くオーダーできるメニューであり、2021年5月時点では以下のラインナップで提供されていました。

※括弧内の値段は全て税込表記です。

100円台

餃子(143円)、春巻(176円)、ごま団子(123円)

200円台

炒飯(272円)、天津飯(293円)、にんにくゼロ生姜餃子(264円)、にんにく激増し餃子(297円)、野菜炒め(293円)、シャウエッセン(275円)

300円台

麻婆豆腐(304円)、カニ玉(304円)、回鍋肉(315円)、鶏の唐揚(330円)、酢豚(330円)、八宝菜(330円)、油淋鶏(346円)、ニラレバ炒め(315円)、海老のチリソース(367円)、肉と玉子のいりつけ(304円)、ホルモンの味噌炒め(325円)、豚キムチ(330円)、揚げそば(367円)

本格的な中華料理を少しだけ、この値段で食べられるのは嬉しいですよね。

もう1品食べたい時や、おつまみとして頂きたい時など、お客さん側の気持ちに対して見事に応えているメニューだと思います。

ちなみに上の写真は、餃子3個 (税込143円)と、ごま団子1個(税込123円)、野菜炒め(税込293円)の各種ジャストサイズメニューです。

野菜炒めは香ばしくて美味しかったですし、ごま団子は上品な味付けで、老舗の和菓子屋さんのような味がしました。

色んな中華をお試し価格で食べられるのは、本当に嬉しいですよね(^^♪

餃子の無料券などがもらえる!餃子の王将の「スタンプカード」

餃子の王将の「スタンプカード」

今回久しぶりに餃子の王将へ行ってみたところ、なんと「スタンプカード」が配布されていました。

「2021年版 ぎょうざ倶楽部 お客様感謝キャンペーン」として、スタンプ押印期限は2021年6月13日まで、商品の交換期限は2021年6月20日までと記載されています。

受け取ったのは2021年5月上旬で、あと1ヶ月ちょっとの有効期限でした。

気になる商品はスタンプ5個で「餃子1人前 無料券」、15個で餃子1人前無料券と「税込250円割引券×2枚」、そしてスタンプ25個で250円割引券2枚に加えて「2021年版ぎょうざ倶楽部会員カード」がもらえるそうです。

この「ぎょうざ倶楽部会員カード」は税込5%割引になるカードとのことで、常連さんにとっては本当にお得なカードですね。

あと1ヶ月ちょいで会員カードに到達するのは難しいですが、なんとか餃子の無料券はゲットしたいと思います!

スポンサードリンク


ランチランキングTOPページに戻る