鶏生姜丼(吉野家)の感想・レビュー

吉野家の新メニュー!鶏生姜丼の感想

猛暑日が多かった2018年の夏が終わり、暑さも一段落した9月6日の木曜日。吉野家から新たにリリースされたメニューが「鶏生姜丼」です。

生姜は豚肉との相性が良い食材として知られていますが、鶏肉との組み合わせはあまり聞いたことがありません。

一体どんな味なのだろうかと思い、早速最寄りの吉野家に行ってきました。

吉野家の鶏生姜丼は並盛が税込490円で、大盛が590円となっています。

また「豚生姜定食(550円)」や「牛カルビ生姜定食(650円)」も同時発売されており、豚、鶏、牛の3種類のお肉を生姜味で頂くことができます。

今回は鶏生姜丼の並盛と、ごぼうサラダ、半熟玉子を注文。合計690円でしたが、吉野家の定期券を使用したので80円引きとなり、支払った金額は610円でした。

そして実際に注文した吉野家の鶏生姜丼がこちらです。

吉野家の鶏生姜丼

色合いが実に美味しそうです。キャベツも添えられています。

早速一口頂いてみましたが、ジューシーな鶏肉に生姜味のタレがしっかり染み込んでいて、ご飯にぴったりの味付けでした。

居酒屋で食べる焼き鳥よりも生姜味がしっかりしており、鶏生姜もイケると思いましたね。

途中からは半熟玉子とお醤油をかけて味を変え、最後まで美味しく頂くことができました。

この生姜ダレは豚肉や牛肉との相性も間違いなく良さそうなので、今度は牛カルビ生姜定食も注文してみようと思います。

ランチランキングTOPページに戻る

スポンサードリンク