鶏すき丼(吉野家)の感想

吉野家の新メニュー!鶏すき丼の感想

3週間ぶりに吉野家の新味豚丼が食べたい!

と思って最寄の吉野家に行ってみたところ、店内には新メニューのポスターが貼ってありました。

その商品名は「鶏すき丼」です。

2018年4月26日の木曜日の発売された新メニューで、吉野家で鶏肉を使ったメニューは2012年11月以来とのことでした。

鶏もも肉を蒸し、特製の甘辛タレで玉ねぎと一緒に焼き上げている一品とのことで、写真も実に美味しそうです。

ということで今回は新味豚丼は止めにし、鶏すき丼の並盛を注文しました。

吉野家の鶏すき丼は、並盛が税込450円で759kcal、大盛が550円で1040kcalとなっています。

そして注文してから2分ぐらいで、吉野家の鶏すき丼の登場です。ごぼうサラダを一緒に注文したので、支払った金額は合計580円でした。

山椒の小袋も付いており、上からかけています。

吉野家 鶏すき丼

まずは鶏肉から一口食べてみましたが、甘辛い味付けで、思っていたよりも甘味が強い印象でした。

鶏独特の弾力があり、玉ねぎとの相性も良く、香ばしさも出ていて美味しかったです。

半分ほど食べたところで、半熟玉子を崩します。後は醤油をかけて味を整え、最後まで旨かったですね。

吉野家の牛丼や豚丼とは一味違う美味しさがあるな〜と思いました。ジューシーな鶏肉を食べたい時に、おすすめのメニューだと思います。

ランチランキングTOPページに戻る

スポンサードリンク