牛の鍋焼き御膳(吉野家)の感想

牛の鍋焼き御膳(吉野家)の感想

玉ねぎの甘味と牛肉の旨味!吉野家の「牛の鍋焼き御膳」

吉野家の冬の定番期間限定メニューと言えば「牛すき鍋膳」がとても有名ですが、2020年3月5日(木)に発売された新しい冬の期間限定メニューが「牛の鍋焼き」です。

「牛×鍋」という一見同じように思えるメニューですが、以前から提供されている牛すき鍋はお鍋で煮る料理です。

一方、今回新たにリリースされた牛の鍋焼きは、お鍋で”焼く”商品となっています。具体的には最初に煮上げてから焼くとされていますが、牛すき鍋がとても美味しいメニューであるだけに、今回の牛の鍋焼きも非常に気になりますね。

吉野家の牛の鍋焼きは、以下の2品がリリースされています。

〇牛の鍋焼き定食(税別598円)

〇牛の鍋焼き御膳(税抜648円)

御膳の方はミニサラダか玉子のいずれかを選択可能で、今回は「牛の鍋焼き御膳」のミニサラダで注文しました。

吉野家の「牛の鍋焼き御膳」

牛肉の周りには、玉ねぎもたっぷり入っています。

牛の鍋焼き

まずは玉ねぎの方から食べてみましたが、少しシャキっとした食感が残っており、独特の甘みが口の中に広がります。吉野家のタレとの相性も良くて、良い味を出していました。

そしてお肉の方ですが、玉ねぎの甘味と牛肉の旨味が一体化しており、牛丼とは違った味わいでとても美味しかったです。

最後の方は牛肉と玉ねぎ、そして鍋の底に溜まったタレをご飯の上にかけて、お箸でかき込みます。アツアツで身体も温まりましたし、冬にぴったりのメニューでしたね。

牛すき鍋定食とは一味違う旨さがあるので、まだ食べていない方へ是非おすすめしたいです(^^♪

ランチランキングTOPページに戻る


スポンサードリンク