吉野家の松茸牛丼を食べた感想

吉野家の松茸牛丼を食べた感想

吉野家の数量限定&期間限定メニュー!松茸牛丼

秋の味覚の代表格「松茸(まつたけ)」。高級食材として知られるこの食材が、「松茸牛丼」として吉野家でリリースされました。

発売されたのは2016年9月15日(木)です。松茸牛丼は期間限定、数量(食数)限定のメニューで、毎日午前11時30分から、食数限定で販売されるそうです。

店舗ごとの1日の販売予定数に達したら終了になるとのことで、何時まで提供しているかわかりません。

このため、今回は11時半過ぎに吉野家に行ってきました。

お店の外には松茸牛丼の「のぼり旗」が立てられており、店内に入ると松茸のほのかな香りも感じられました。

松茸牛丼の値段は単品が700円で、お吸い物とお漬物が付いた「松茸牛丼セット」は730円で販売されています。ちなみにカロリー数は、前者が673kcal、後者が682kcalと公表されています。

私は松茸牛丼の単品と、いつも注文しているゴボウサラダ(130円)を注文。サラダの50円割引券を使ったので、支払いは780円でした。

昔、東京・築地の吉野家一号店では、松茸の初競りの日に合わせて、松茸牛丼を提供されていました。今回はそんな築地一号店のご愛顧に感謝する意味も込めて、なんと50数年ぶりに復活したそうです。

築地の味が、全国でも味わえる。吉野家の粋な計らいですね。

そして注文してから5分ぐらいで、店員さんが松茸牛丼を持ってきてくれました。

吉野家 松茸牛丼

スライスした松茸が5枚乗っていますね。早速牛丼の上に松茸を乗せて一口食べてみましたが、独特の香りと旨味が口の中に広がり、いつもの牛丼と違った美味しさを感じられました。

吉野家の牛丼が、より風味豊かになった感じですね。量は少なくても秋の風物詩をちゃんと食べられたので、満足感もありました。

滅多に食べられない牛丼なので、この機会をお見逃しなく!

 

ランチランキングTOPページに戻る


スポンサードリンク

吉野家の松茸牛丼を食べた感想関連ページ

牛丼
ロース豚丼 十勝仕立て(吉野家)
牛ねぎ玉丼(吉野家)
牛バラ野菜焼定食
牛すき鍋膳
焼魚牛小鉢定食
牛チゲ鍋膳
牛カルビ丼
牛カレー(こく旨)
ロース豚焼定食 十勝仕立て
天重
鰻丼(並盛)
牛鮭定食
朝定食
肉つけそば
とり天丼とそばセット
チーズカレー(旨辛)
コモサラセット
ベジ丼、ベジ牛、ベジカレー
ねぎ塩ロース豚丼
鶏ろぼろ飯
豆腐ぶっかけ飯
麦とろ牛皿御膳
麦とろ鰻皿御膳
辛みつけそば
冷しかけそば
魚介だしのつけそば
海鮮親子丼とそばセット
鬼おろしなめこそば
かけそば
トマト牛鍋膳
焼豚月見丼とそばセット
海老と貝柱の天丼とそばセット
カレー南蛮そば
カレー丼
豚丼(ぶたどん)
ねぎ塩豚丼
豚生姜焼丼
豚味噌鍋膳
牛カルビ生姜焼き丼
豚スタミナ丼
辛子明太子定食
チーズ黒カレー
かつ丼
サラシア牛丼
ベジ牛定食
牛とじ重そばセット
えびとかき揚げ天重(小)冷やしとろろそばセット
冷やしきつねそば
新味豚丼
鶏すき丼
ざるうどん
おろし牛カルビ丼
鶏生姜丼
鯖みそ牛定食
一汁三菜朝膳
ライザップ牛サラダ
ミックスフライ定食
麻辣牛鍋膳
牛の鍋焼き御膳
スタミナ超特盛丼
牛カルビカレー
豚生姜焼き定食
炙り塩鯖定食
W弁当(牛皿・牛カルビ)
牛焼肉定食