吉野家の朝メニュー「鶏ろぼろ飯」を食べた感想

ランチの栄養バランスを整えるために。

吉野家の新しい朝メニュー!「鶏そぼろ飯」を食べた感想

2015年の春〜夏にかけての時期は、吉野家にとって大きな変革の時期かもしれません。5月にベジ丼という野菜の画期的な丼が登場したかと思いきや、6月には朝メニューが一新!

朝定食メニューが3つに厳選され、全く新しい朝メニューとして「豆腐ぶっかけ飯〜鯛だし味〜」と「鶏そぼろ飯」が追加されました。

豆腐ぶっかけ飯と鶏そぼろ飯は共に並盛が290円で、卵焼き1個とお味噌汁が付いています。

今回私が注文したのは、鶏そぼろ飯の並盛でした。気になるカロリー数は431kcalなのでちょっと低めですね。大盛の場合は値段が450円、カロリー数が800kcalとなっています。

そして、注文してから1、2分程度で運ばれてきた鶏そぼろ飯がこちらです。

吉野家 鶏ろぼろ飯

丼の大きさは、牛丼(並)のものよりも小さい印象がありましたね。朝の並盛サイズは意外と苦しくなったりするので、これだったら問題なく食べれそうです。

早速鶏そぼろ飯から一口頂いてみましたが、ほんのりと甘く味付けされており、ご飯との相性も良くてとても美味しかったです。

脂っぽさやこってり感は全く無いので、朝でも一気にかき込める感じですね。途中で卵焼きを食べたり、お味噌汁をすすったりして、本当に丁度良い朝食でした。

 

ランチランキング

スポンサードリンク