吉野家の豚丼(ぶたどん)を食べた感想

予想以上に美味しかった!吉野家の豚丼(ぶたどん)の感想

2016年4月6日の火曜日。吉野家から発売された新メニューが「豚丼」です。

ポスターには「復活!」の文字もあり、2013年秋には「ロース豚丼 十勝仕立て」が、2015年の夏ぐらいには「ねぎ塩ロース豚丼」が発売されていました。

ただし、今回復活した豚丼はこれらとは見た目も違っており、それよりも前に発売されていたのかもしれません。

豚丼の値段は並盛で330円でしたが、今回は新発売キャンペーン中だったので30円引きで購入できました。合わせてゴボウサラダも注文したので、合計は税込430円でした。

また、同時に豚キムチ丼(430円)や豚半熟玉子丼(400円)、豚ねぎ玉丼(430円)、豚チーズ丼(430円)も発売されています。バリエーションが豊富なのも嬉しいですね。

そして、注文してから1分もしないうちに店員さんが豚丼を持ってきてくれました。

吉野家の豚丼

見た目は牛丼と似ていますね。肉が違うだけです。

早速一口食べてみましたが、予想以上に美味しい!吉野家オリジナルの味付けで、豚の旨味と和風の味付けが見事にマッチしています。

少し甘味も感じられましたし、定番の牛丼とは違う旨さがありました。

本当に美味しかったので、今度は豚キムチ丼や豚半熟玉子丼も食べてみようと思います。この豚丼は、おすすめです!

 

ランチランキングTOPページに戻る


スポンサードリンク