吉野家の「ロース豚焼定食 十勝仕立て」を食べた感想

ランチの栄養バランスを整えるために。

吉野家の「ロース豚焼定食 十勝仕立て」を食べた感想

吉野家にはいくつかの「定食メニュー」がありますが、今回は「豚肉」をメインにした「ロース豚焼定食 十勝仕立て」を注文してみました。

値段は並盛が530円で716kcal、大盛が630円で944kcalになっています。

注文してからわずか1分程度。「ロース豚焼定食 十勝仕立て」の登場です。

ロース豚焼定食 十勝仕立て

まずはキャベツにマヨネーズをかけ、こちらか完食します。そして、ロース豚焼を早速1口食べてみましたが、濃厚なタレが豚肉にしっかりと絡まっていて、ご飯が進む味付けになっていましたね。

ただ、焼き立ての香ばしい香りはあまり無く、タレの濃厚さが際立っていたように思えます。丁度1年ぐらい前にロース豚丼を食べたことがありますが、あの頃と味付けや作り方がちょっと変わったんかな?という印象を持ちました。

今度は同じ定食メニューの1つである牛カルビ定食を食べてみようと思います。

 

ランチランキング


スポンサードリンク