とんかつ和幸の特徴と感想

暑い夏の日は、クーラーの効いた部屋でゆっくりDVDを。

昭和33年創業の歴史あるとんかつ専門店!「とんかつ和幸」

とんかつ和幸の店舗の外観


新宿さぼてんやまい泉など、日本には全国展開しているとんかつ屋さんがいくつかありますが、その中でもトップクラスの人気を誇るお店が「とんかつ和幸」さんです。

創業は昭和33年(1958年)。川崎で誕生した歴史あるお店であり、2016年でなんと58周年です。

また、店舗数は2016年1月1日時点で、283店舗と公表されています。一番店舗数の多い都道府県が東京都で、86店舗。次いで神奈川県の44店舗、埼玉県の35店舗、千葉県の26店舗となっており、関東地方に数多く出店されていることがわかります。

北は北海道、南は広島まで、さらに海外にも和幸のお店があり、毎日たくさんの方々が和幸で美味しいトンカツを食べているのですね。

とんかつ和幸の特徴

「キャベツ・ご飯・お味噌汁のおかわり自由」を初めて全国展開したお店!

とんかつ専門店で今やお馴染みとなった”キャベツやご飯のおかわり自由(無料)”をスタートさせたのは、なんと和幸さんなんだそうです。クオリティの高いご飯やキャベツ、お味噌汁のおかわり無料というのは、本当に魅力的なサービスだと思います。

「とんかつ網」を初めて採用したお店!

和幸ではトンカツや揚げ物類が、専用の網に盛り付けられます。これはドレッシングやキャベツの水分などで衣が水っぽくなってしまうのを防ぐためで、いつでもサクサクのとんかつを味わえるようになります。この「とんかつ網」を採用したのも、和幸さんが最初とのこと。美味しいとんかつを食べて欲しい!という想いが、こういうところからも伝わってきますね。

素材へのこだわり

豚肉、衣、油、ご飯、キャベツ、味噌汁、ソース、ドレッシングの1つひとつに、素材へのこだわりがあります。油は上質の大豆油やコーン油などを、独自の配合でブレンド。衣は製パン会社に専用の食パンを製造してもらい、毎日出来立てのものを配送しているそうです。キャベツも季節ごとの品質の良い産地を選んでいるとのことで、素材へのこだわりが感じられますね。

また、和幸さんでは調理技能検定という試験があり、肉の仕込み方からパン粉の付け方、揚げ方など、それぞれの工程にもこだわりがあるそうです。一流のとんかつ専門店として、調理工程も洗練されています。

以下に、そんな和幸さんで各種メニューを頂いた感想を、写真入りでまとめております。どのトンカツ屋さんに行こうか迷った時など、ぜひご参考にして頂ければ幸いです。

とんかつ和幸で各種メニューを頂いた感想

レギュラーメニュー

一口ひれかつ御飯 ロースかつ鍋御飯 海老フライ御飯
ひれロース盛合せ御飯

ランチメニュー

和幸御飯 たちばな ロースかつ重

季節限定メニュー

ひいらぎ ロースかき盛合せ御飯

テイクアウトメニュー

ロースかつ弁当 ひれかつサンド

とんかつ和幸の公式サイトはこちら

 

ランチランキングTOPページに戻る


スポンサードリンク