ベジ牛定食(吉野家)を食べた感想

ランチの栄養バランスを整えるために。

吉野家の夏季限定メニュー!ベジ牛定食の感想

2017年7月6日の木曜日。吉野家から発売された夏季限定メニューが「沖縄タコライス」と「ベジ牛定食」です。いずれも野菜をたっぷり使ったメニューで、カロリーも控えめです。

またベジ牛定食のバリエーションメニューとして、ベジ定食とベジチーズ定食も同時発売されました。

ちなみに吉野家では、約2年前の2015年5月頃に、野菜をメインのした「ベジ丼が発売されていました。このベジ丼は塩系の味付けでしたが、今回のベジ牛定食はトマトソースで味付けをしているそうです。

沖縄タコライスも美味しそうでしたが、今回はベジ牛定食を注文。値段は税込590円で、カロリー数は626kcalとなっています。

またバリエーションメニューのベジ定食は480円で451kcal、ベジチーズ定食は580円で555kcalと公表されていました。

そして注文してから5分ぐらいで、店員さんがベジ牛定食を持ってきてくれました。

吉野家のベジ牛定食

牛皿も付いているのが嬉しいですね。野菜はカボチャ、茄子、ブロッコリー、ヤングコーン、オクラ、パプリカの全6品で、トマトソースもしっかり絡まっています。

早速これらの野菜を食べてみましたが、トマトソースと野菜の甘味の相性が良くてなかなか美味しかったです。野菜が熱々なので、少し冷ましながら食べ進めました。

またご飯がちょっと少なめな印象もあり、もしかするとベジ牛定食用の量なのかもしれません。最後はご飯の上の牛皿を全部かけて、いつもの牛丼にして美味しく完食できました。

野菜をしっかり食べられる定食なので、栄養バランスを整えたい時におすすめのメニューだと思います。

 

ランチランキングTOPページに戻る


スポンサードリンク