ココス(COCO'S)の特徴と感想

暑い夏の日は、クーラーの効いた部屋でゆっくりDVDを。

1980年にオープン!ファミレスのココス(COCO'S)

ココス 外観


ココス(COCO’S)は、1978年に設立された株式会社ココスジャパンが運営するファミリーレストランです。

もともとは「株式会社ろびんふっど」という名称で設立されていましたが、アメリカでレストランを運営している企業とライセンス契約を行い、1980年にココスの第1号店がオープンしています。

その後、2000年7月には”すき家”でお馴染みのゼンショーグループの傘下に入り、規模も拡大。日本全国にココスのお店が増えていき、2015年6月時点では569店舗になりました。まさに、日本を代表するファミリーレストランの1つになっています。

ココスはアメリカのカリフォルニアスタイルのファミレスであり、カジュアルな雰囲気で親しみやすいお店だと思います。

ビーフハンバーグステーキや、スパゲッティ、ピザ、メキシカンケサディーヤ、カレー、ライスプレート、お好み和食、ランチ&モーニングメニューなど、各種メニューのラインナップも実に豊富です。

期間限定メニューやデザート・スイーツもたくさんあるので、何度行っても飽きることはありません。以下に、そんなココスで各種メニューを頂いた感想をまとめております。ご参考になれば幸いです。

 ココスの各種レギュラーメニューの感想

ビーフカットステーキ ルッコラとバジルのグリーンサラダ
野菜たっぷりスパゲッティ メキシカンケサディーヤ
カリフォルニア”タコサラダ” ココッシュ
きのこハンバーグプレート

 ココスのランチメニューの感想

ミックスグリルランチ 中華海鮮あんかけご飯ランチ
十三穀米とチキントマトのプレートランチ

 ココスのモーニングメニューの感想

焼き魚の朝定食 朝食バイキング

 35周年スペシャルメニューの感想

シスコ風ビーフハンバーグステーキ カリフォルニア コンビネーション

ココス(COCO’S)の公式サイト ⇒ https://www.cocos-jpn.co.jp/index.html

 

ランチランキング

スポンサードリンク