サブウェイ(SUBWAY)の特徴と感想

暑い夏の日は、クーラーの効いた部屋でゆっくりDVDを。

世界最大の飲食店チェーン!サブウェイ(SUBWAY)の特徴と感想

サブウェイの外観


長方形のヘルシーなサンドイッチを食べられるお店として、日本中で愛されているお店が「SUBWAY(サブウェイ)」だと思います。

サブウェイはアメリカに本社がある飲食チェーン店で、全世界での店舗数はなんと約3万8千店(2013年1月時点)。マクドナルドよりも店舗数が多く、世界最大の飲食チェーン店となっています。

サブウェイが日本にやってきたのは1991年の時で、当時はあまり売上げが伸びなかったそうです。このため日本人に合わせたパンや各種商品を開発したところ、顧客数が増加。2013年1月時点では、日本国内に424店舗もある一大チェーン店に成長しました。今現在も店舗は増え続けていると思います。

そんなサブウェイの魅力は、サンドイッチメニューが豊富なことと、野菜をいっぱい入れてもらえること、そして好みに合わせてオーダーメイドで作ってもらえることだと思います。

パンはホワイト、ウィート、セサミ、ハニーオーツ、フラットブレッドの5種類があり、自由に選べます。

さらに野菜は無料で増量してもらえますし、ドレッシングもお好みの物を付けてもらえます。苦手な野菜があれば作ってもらう時に言えばOKですし、このオーダーメイド型のスタイルが、人気の秘訣だと思います。

初めて行った時は選択肢が多すぎて、戸惑うこともあるかもしれません。なので始めはおすすめのもので作ってもらい、通う度にアレンジを繰り返して、やがて自分にとって最適な味を見つけていくのが良いと思います。

また、サブウェイオリジナルの電子マネー兼ポイントカードもあり、100円の利用に付き1%分のポイントが加算されます。さらにメール会員になるとポイントが2倍になり、チャージしてもポイントがもらえます。

毎月”5”の付く日はポイントが5倍になるとのことで、家や職場の近くにサブウェイがある場合はカードを作らなければ損かもしれません。

以下に、そんなサブウェイで各種メニューを頂いた感想を、写真入りでまとめております。ぜひご参考にして頂ければ幸いです。

各種サンドイッチ(レギュラーメニュー)

ローストビーフ 生ハム&マスカルポーネ えびアボカド
チーズローストチキン たまご BLT
ツナ チキンベーコンエッグ ロースハム
サブウェイクラブ

期間限定サンドイッチ

えび野菜タルタル 炭火焼き牛カルビ スパイシーチキンフィレ
粗挽きソーセージ
−BBQサルサソース−
サーモン&マスカルポーネ クラブハウスサンド

ピザサブ

サラミチーズ えびバジル

SUBWAYの公式サイト ⇒ http://www.subway.co.jp/index.html

 

ランチランキング TOPページに戻る

スポンサードリンク