吉野家の「豚生姜焼丼」を食べた感想

生姜の風味が効いた一品!吉野家の「豚生姜焼丼」の感想

2016年9月1日。久しぶりに最寄の吉野家に行ってみたところ、新商品として発売されていたのが「豚生姜焼丼」と「豚生姜焼定食」でした。

豚の生姜焼きは、ご飯にとってパーフェクトなおかずです。吉野家でこのメニューが出たとなれば、食べてみないわけにはいきません。

店内は混んでいたので、お持ち帰りで「丼」の方を注文しました。

豚生姜焼丼は並盛が税込450円で、カロリー数は657kcalです。その他、大盛が620円、特盛が750円、アタマの大盛が550円で販売されています。

会計の時には、割引券も頂きました。豚生姜焼丼・定食50円引き券1枚と、サイドメニュー(サラダ・玉子など)50円引き券1枚です。

吉野家は新商品が発売される時に、割引券を配布するケースが多いですね。吉野家での50円引きは、けっこう大きいと思います。

そして、今回購入したお持ち帰りの「豚生姜焼丼」がこちらです。写真の上の方にはキャベツの千切りが乗っており、添付のマヨネーズをかけております。

豚生姜焼丼

早速一口食べてみましたが、通常の豚丼よりも生姜の風味がしっかり効いています。味付けも定番の生姜焼きといった感じで、ご飯がどんどん進みますね。

吉野家のオリジナル色も出ている豚生姜焼きだと思いました。美味しかったので、今度は豚生姜焼定食も食べに行こうと思います。

スポンサードリンク

翌日、吉野家で「豚生姜焼定食」も注文してみました。

豚生姜焼丼を頂いたその翌日。今度は豚生姜焼定食の方を注文してみました。

豚生姜焼定食

値段は並盛で490円でしたが、前日にもらった割引券を使ったので440円でOKでした。ちなみに並盛のカロリー数は680kcalとなっており、大盛(690円)や特盛(790円)も発売されています。

味は丼よりも少し香ばしさがあり、作りたての印象もあって美味しかったです。丼と定食では、微妙に作り方が違うのかもしれません。

ただ生姜の風味は相変わらず健在で、ご飯が進む味付けですね。美味しかったのであっという間に完食しました。

会計時にまた割引券をもらえたので、近いうちにまた吉野家に行こうと思います。

 

ランチランキングTOPページに戻る


スポンサードリンク