吉野家の「ねぎ塩ロース豚丼」を食べた感想


夏のスタミナ不足解消に!吉野家の「ねぎ塩ロース豚丼」

2015年5月に野菜を中心とした初のメニュー「ベジ丼」を発売して大きな話題を生んだ吉野家が、また新たな期間限定メニューを発売しました。

それはズバリ「ねぎ塩ロース豚丼」です。定食版の「ねぎ塩ロース豚焼定食」も販売されています。

以前、2013年11月頃にもロース豚丼が発売されていましたが、こちらは”十勝仕立て”です。今回は新しく”ねぎ塩ロース”として発売されています。

気になる値段は、ねぎ塩ロース豚丼の小盛が380円、並盛が480円、大盛が580円。ねぎ塩ロース豚焼定食の並盛が550円、大盛が650円です。なかなかお手頃な値段ですね。

今回はねぎ塩ロース豚丼の並盛と定番のごぼうサラダを注文して合計610円となるところでしたが、豚丼の50円割引券を持っていたので560円でOKでした。

そして、実際に頂いたねぎ塩ロース豚丼がこちらです。

吉野家 ねぎ塩ロース豚丼

美味しそうな豚ロース焼きの上には、ねぎだけでなくゴマも乗っていますね。そして驚いたことに、お肉の下には刻んだ玉ネギも入っていました。(※もしかすると普通のネギかもしれませんが、私は玉ネギだと思いました。)

早速一口食べてみましたが、定番の塩味にほんのりと酸味が効いて、とても美味しかったですね。スタミナも付きそうな、夏にぴったりのメニューだと思いました。

まだ50円割引券を何枚か持っているので、期限が切れる前に今度は定食の方を頂いてみようと思います。

 

ランチランキング


スポンサードリンク