吉野家の鰻丼(並盛)を食べた感想


うなぎもあるよ!吉野家の「鰻丼(並盛)」を食べた感想

吉野家の中で最も意表を付いたメニューが、この「鰻丼」だと思います。

すき家や松屋、なか卯など、同じ系統のお店はいくつかありますが、2015年4月現在、うなぎを提供しているのは吉野家だけです。

しかも鰻丼がレギュラーメニューとして定着しているわけですから、それ相応の需要があるわけですよね。

私も吉野家に来る時は牛丼を注文することが多かったのですが、今回は思い切って鰻丼を注文してみました。

ちなみに鰻丼は並盛と二枚盛の2種類があります。並盛は730円でカロリー数が718kcal、二枚盛は1,080円でカロリー数は952kcalとのことでした。そして共にプラス60円で、みそ汁とお漬物を付けることができます。

そして注文してから2、3分程度。鰻丼(並盛)の登場です。山椒の小袋も付いています。

吉野家の鰻丼(並盛)

想像していたよりも、うなぎが大きめです。山椒をかけて早速一口食べてみましたが、もう定番の鰻の味ですね。普通に美味しかったです。子供の頃に母親が作ってくれた鰻丼の味を思い出させてくれました。

うなぎ専門店で2,000〜3,000円ぐらい出して食べる鰻と比べると、どうしても劣ってしまう部分がありますが、730円でこれだけの鰻丼が食べられれば満足です。

タレはちょっと濃い目の味付けなので、ご飯もどんどん進んでいきます。もし二枚盛の方を注文される場合は、ご飯も大盛にしてもらった方が良いかもしれません♪

 

ランチランキング

スポンサードリンク