尾道らーめん(幸楽苑)の感想

尾道市のご当地ラーメンをアレンジ!幸楽苑の尾道らーめん

2018年1月10日。幸楽苑から新たな期間限定メニューとして発売されたのが、尾道らーめんです。

尾道らーめんは、広島県の東部に位置している尾道市のご当地ラーメンです。1947年に開店した朱華園のラーメンが発祥と言われており、醤油ベースのスープに豚の背脂ミンチを加えた一品となっています。

広島では尾道ラーメンを看板メニューとしているお店も多く、日本におけるラーメンの一大ブランドと言っても過言ではないでしょう。

大手メーカーからは、以下のような尾道ラーメンのカップ麺も発売されている程です。

〇エースコック ⇒ 飲み干す一杯 尾道背脂醤油ラーメン(2017年)

〇東洋水産 ⇒ マルちゃんでかまる 尾道ラーメン背脂醤油(2016年)

〇日清食品 ⇒ 麺ニッポン 尾道ラーメン(2016年)

お馴染みの大手企業も商品化しているだけに、とても注目度が高いご当地ラーメンであることが解かりますね。

今回はこの尾道ラーメンを幸楽苑流にアレンジしたとのことで、一体どんな感じなっているのか・・・。ということで、早速最寄りの幸楽苑に行ってきました。

幸楽苑の尾道らーめんは、税込561円です。ギョーザセットは税込745円で30円お得に、半チャーハンセットは税込853円で40円お得になっているようですね。

そして、実際に注文した幸楽苑の尾道らーめんがこちらです。

幸楽苑の尾道らーめん

醤油スープに背脂が浮いているのが解かります。チャーシューは2枚乗っていました。

まずは麺から頂いてみましたが、中太のちぢれ麺とコクのある醤油スープが見事にマッチしていて旨い!

背脂ミンチも入っているので、普通の醤油ラーメンには無いコクや旨味も堪能できます。麺とスープとの一体感も出ていて、完成度の高いラーメンだと思いました。

お腹が空いている時には餃子やチャーハンとセットにして食べれば、きっと心もお腹も満たされそうですね。

期間限定&店舗限定メニューとなっているので、幸楽苑に行った時にぜひ食べてみてはいかがでしょうか(^^♪

 

ランチランキングTOPページに戻る


スポンサードリンク