豚角煮丼(すき家)の感想

豚角煮丼(すき家)の感想

すき家オリジナルの期間限定メニュー!豚角煮丼の感想

仕事前の腹ごしらえとして、最寄のすき家で牛丼を食べてこようと思い、最寄のすき家に行ってみたところ・・・。

テーブルには2020年9月30日に発売されたばかりの新しい期間限定メニュー「豚角煮丼」が掲示されていました。

値段は牛丼の並盛よりも300円高い、税込650円。なかなかのお値段だと思い迷いましたが、どんな味なのか興味が湧いたので豚角煮丼を選択。

また一緒にサラダセット(税込170円)も一緒にお願いしたので、結局は合計820円になりました。

待っている間にすき家の公式サイトをチェックしてみたところ、新メニューの豚角煮丼のページでは以下のような言葉が並んでいます。

- - - - - -

〇鎮江香醋(ちんこうこうず)という中国三大名酢や、紹興酒を使用

〇醤油ベースのタレで、味に丸みをもたせている

〇針生姜入りの白髪ねぎを、豚角煮の下に敷いている

- - - - - -

こられの言葉から、すき家の豚角煮丼に対する本気度が伝わってきますね。

そして、注文してから5分程度で提供された豚角煮丼とサラダセットがこちらです。

すき家の豚角煮丼とサラダセット

豚肉は大きくカットされており、見た目でお肉のやわらかさが伝わってきますね。

お肉がやわらかい豚角煮丼

まずはサラダにフレンチドレッシングをかけて完食。続いてメインの豚角煮丼を食べてみましたが、中華風の味付けでとても柔らかかったです。

生姜やネギの薬味も効いており、今まで食べたことがないような豚角煮でした。

ボリュームも満点なので、食べ終わる頃にはお腹がいっぱいになりましたね。他にも気になるメニューがあるので、また近いうちにすき家へ足を運んでみたいと思います(^^♪

ランチランキングTOPページに戻る


スポンサードリンク