ほっともっとの新型のり弁「博多辛子明太のり弁当」を食べた感想


ほっともっとの新型のり弁!博多辛子明太のり弁当の感想

2016年5月9日。ほっともっとの”お弁当だらけの博覧会”としてスタートしたのが「ベンパク」です。

お笑い芸人の博多華丸・大吉さんがイメージキャラクターを務めており、テレビCMや店頭でも大々的に宣伝されていたのでご存知の方も多いと思います。

ベンパクの特設サイトも開設されており、各お弁当の美味しさの秘密や、弁当列島マップなど、面白そうなコンテンツも公開されていました。

そんなベンパクの開催記念弁当として、2016年5月16日に発売されたのが「新型のり弁」です。

のり弁の定番シリーズに「博多辛子明太子」か「ツナマヨネーズ」のいずれかを加えたお弁当で、以下の6種類が発売されています。(値段は全て税込表示です。地域によっては値段が異なるかもしれません。)

1.博多辛子明太のり弁当(390円)

2.博多辛子明太のりタルタル弁当(410円)

3.博多辛子明太特のりタル弁当(490円)

4.ツナマヨネーズのり弁当(390円)

5.ツナマヨネーズのりタルタル弁当(410円)

6.ツナマヨネーズ特のりタル弁当(490円)

どの新型のり弁にしようか迷いましたが、今回は390円の「博多辛子明太のり弁当」を注文してみました。カロリー数は672kcalです。

新型のり弁の「博多辛子明太のり弁当」

ベンパクのシールが貼ってありますね。おかずはのり弁と一緒ですが、海苔を少しめくってみると・・・

博多辛子明太のり弁当のアップ

いい色をした辛子明太子が乗っています。早速食べ初めてみましたが、明太子はあまり辛くありません。丁度良い味付けで、ご飯がどんどん進んでいきます。

いつもののり弁よりもちょっとリッチな感じで、美味しく完食できました。

そして食べ終わると同時に「ツナマヨネーズの方は、一体どんな味なんだろう・・!?」という気持ちも湧き上がってきました。ツナマヨおにぎりのような味なのでしょうか。

今度はツナマヨネーズ系の新型のり弁も注文してみようと思います。


 

ランチランキングTOPページに戻る


スポンサードリンク