すき家の「アラビアータ牛丼」を食べた感想


本当に辛かった!すき家の「アラビアータ牛丼」の感想

2016年8月22日の月曜日から、8月31日の水曜日まで。すき家で10日限定で発売されていた期間限定メニューが「アラビアータ牛丼」です。

公式サイトでは「すき家史上最も辛い牛丼」として掲載されており、一体どのくらいの辛さなのかとても気になります。

販売が終了する前に食べに行かねば!と思い、8月28の日曜日、早速最寄のすき家に行ってきました。

実は、アラビアータ牛丼目的ですき家に来たのは、今回で2回目です。一昨日の金曜日にも来たのですが、アラビアータ牛丼を注文したところ「今日は在庫切れになってしまいまして・・」とのことで注文できませんでした。

後日入荷するとのことだったので、1日置いて日曜日に再度入店。この日は問題なく注文できました。

アラビアータ牛丼の値段は並盛が490円で、カロリー数は752kcalとなっています。ミニや中盛、大盛、特盛、メガの各種サイズだけでなく、アラビアータカレー(並盛590円)も販売されていました。

私はアラビアータ牛丼の並盛と、サラダセット(150円)を注文。支払った金額は、税込640円でした。

ちなみに「アラビアータ」は、唐辛子が入ったトマトソースを意味しているそうです。

パスタに使われるのが一般的なのですが、すき家では牛丼に合うようにアラビアータを改良。牛丼と相性の良い味付けに仕上げているようです。

また、すき家では辛い牛丼として「ニンニクの芽牛丼」も期間限定で販売されています。このニンニクの芽牛丼の辛さレベルを3.5とすると、アラビアータ牛丼の辛さは「5」の激辛レベルとなっています。

そして、実際に注文したアラビアータ牛丼とサラダセットがこちらです。

アラビアータ牛丼

牛丼の上にアラビアータがたっぷりと乗っています。まずはサラダに胡麻ドレッシングをかけて完食。

続いていよいよアラビアータ牛丼を一口食べてみました。ピリっとした辛さだけでなくトマトの程よい酸味もあり、思っていたよりもインパクトがあって美味しかったです。

辛さも最初はそれほどでもなく、2口、3口と連続で食べ進めることができました。

しかし、半分ぐらい食べ終わると、この状況が一変します。牛丼の下部はアラビアータの辛い汁が染みており、予想以上に辛くなってきました。

一口食べては冷たいお茶を飲み、食べるスピードもかなりスローダウン。食べ終わる頃には、額からほんのりと汗が噴出していました。

口直しに味噌汁を飲んだら余計に口の中がヒリヒリして、飲めませんでした。結局最後は冷たいお茶を口の中に含み、口の中に残ったヒリヒリ感を取りました。


”すき家史上最も辛い”という言葉にも納得できる一杯でしたね。ただ、本当にめちゃくちゃ辛い!というわけではないと思うので、辛いのがお好きな方でしたら難なく食べられるレベルかもしれません。

 

ランチランキングTOPページに戻る


スポンサードリンク