すき家の「おろしポン酢牛丼」を食べた感想

ランチの栄養バランスを整えるために。

さっぱりと食べられる一杯!すき家の「おろしポン酢牛丼」

数あるすき家の牛丼メニューの中で、最もさっぱりと食べられる一杯がこの「おろしポン酢牛丼」だと思います。

吉野家には現在この手のメニューはありませんが、松屋には「おろしポン酢牛めし」がありますね。松屋のこのメニューも美味しかったので、すき家でも自然に期待度が高まります。

おろしポン酢牛丼は、ミニ、並盛、中盛、大盛、特盛、メガの全6種類です。今回は少ない方から2番目の並盛(税抜390円)を注文しました。

そして待つこと2分程度。すき家の「おろしポン酢牛丼」の登場です。

おろしポン酢牛丼

牛丼とおろしポン酢が別皿で運ばれてきたので、おろしポン酢をドバっと一気にかけました。そして牛丼とおろしポン酢を一緒に食べてみましたが、やっぱりこの2つは相性が良いですね。

酸味が効いており、とてもさっぱりとした牛丼に早変わりです。クセになりそうな美味しさがありました。これぐらいのさっぱり感だったら、朝ご飯としても食べられそうです。

会計を済ませてレシートを見たところ、「牛丼並 270円」、「おろポンTP 120円」と別々に表示されていました。お皿も別々ですし、おろしポン酢はトッピングとしての扱いになっているようです。

2人でお店に言った時は、牛丼2つ+おろしポン酢1つで注文し、おろしポン酢を分け合うことも可能ですね♪

 

ランチランキング

スポンサードリンク