すき家の「アボカド牛丼」を食べた感想


すき家の期間限定メニュー!アボカド牛丼の感想

2016年9月上旬。すき家の秋の期間限定メニューとして、新しく発売されたのが「アボカド牛丼」と「アボカドカレー」でした。

牛丼にアボカド、そしてコールスローという全く予想外の組み合わせで、一体どんな味なのか気になります。

アボカドは”森のバター”と言われてしまうほど、栄養価が高い食材。食べ物から摂取しなければならない必須脂肪酸の1つ「不飽和脂肪酸」をはじめとして、ビタミンやミネラルも豊富に含まれています。女性の美容にも良い食べ物です。

すき家のアボカド牛丼は、並盛が490円、ご飯大盛が520円で発売されています。カロリー数は前者が667kcal、後者が719kcalとなっていました。

ちなみにアボカドカレーはミニ、並盛、大盛、メガの4種類があり、並盛は590円です。

今回私が注文したのは、アボカド牛丼の並盛です。

アボカド牛丼

アボカド、牛丼、コールスローが入っており、アボカドの上にはケチジャンソースがかかっています。

まずはアボカドから食べてみましたが、厚めにカットされているので風味十分ですね。とてもマイルドでした。

牛丼と一緒に食べてみると、いつもの牛丼がちょっとやさしい味になります。またケチジャンソースのスパイスが後から追いかけてくるような感じで、不思議な味の牛丼でした。

コールスローはキャベツが大きめにカットされていて、食感が良かったです。

アボカド牛丼は美味しかったですが、アボカド×コールスロー×牛丼の組み合わせはちょっと力技だったかな〜という感じです。牛丼×チーズのようなベストマッチとまでは言えないような気がしました。

今度はアボカドカレーも注文してみようと思います。

 

ランチランキングTOPページに戻る


スポンサードリンク