すき家の「きのこペペロンチーノ牛丼」を食べた感想


秋の季節限定メニュー「きのこペペロンチーノ牛丼」

朝晩がだいぶ涼しくなってきて「秋になってきたな〜」と思える今日この頃。すき家で季節限定メニューとして発売されたのが「きのこペペロンチーノ牛丼」です。

2015年9月16日(水)から全国一斉発売されており、まさかの「キノコ+ペペロンチーノ」という組み合わせです。ペペロンチーノと言えばパスタに使われるものとばかり思っていましたが、これがキノコと牛丼が加わったらどうなるのか。とても興味が湧きますね。

公式サイトをチェックすると、しめじ、舞茸、えのき、エリンギの4種類のきのこを使い、塩コショウ、唐辛子、にんにく、オリーブオイルで味付けしているそうです。さらに、フライドガーリックとパセリもトッピングされています。

値段はミニが430円、並盛が490円、中盛が610円、大盛が610円(いずれも税込)です。カロリー数は、並盛の場合で714kcalでした。

今回私はきのこペペロンチーノ牛丼の並盛(490円)とサラダセット(130円)を注文したので、合計620円でした。

きのこペペロンチーノ牛丼 すき家

キノコが大きめにカットされているのが分かりますね。早速一口食べてみましたが、すき家の牛丼とキノコ類がとても合っていて、想像以上に美味しかったです。

キノコはまさにペペロンチーノ味ですね。フライドガーリックが良いアクセントになっており、風味も良いです。なるほど〜と思いながら、どんどん食べてみまいました。

きのこ類は食物繊維やミネラル、ビタミンB類、ビタミンD2などが豊富なので、サラダセットや健康セットと一緒に食べれば栄養バランスも良くなります。

メニュー表にも「きのこペペロンチーノ牛丼+サラダセット」が大きく掲載されていますし、是非セットで頂きたいですね。

 

ランチランキング

スポンサードリンク