大阪王将の「ごろごろチャーシューの黒炒飯」を食べた感想〜ランチランキング〜

暑い夏の日は、クーラーの効いた部屋でゆっくりDVDを。

クセになる濃い味付け!「ごろごろチャーシューの黒炒飯」

今回は大阪王将の”飯”系メニューの一つである「ごろごろチャーシューの黒炒飯(690円)」を食べに行ってきました。

日曜日ですが15時ぐらいだったので「空いているだろうな〜」と思っていたら、店内は意外と混み合っていました。店員さんもいつもより多く、やはり日曜日は遅いランチの時間でも混み合うのですね。

私は1人だったのでカウンター席に座り、「ごろごろチャーシューの黒炒飯」を注文。そして5分後に、お待ちかねのランチの登場です。混んでいても待たせないのは、流石ですね。

ごろごろチャーシューの黒炒飯

想像以上に色が黒いです。さっそく一口頂いてみましたが、味もガツンとくるぐらいの濃さ。しかし、独特の香ばしい風味があって、噛んでいくごとに旨味が増していく感じです。名前通りにチャーシューもゴロゴロ入っていて、とても美味しかったですね。

また、チンゲンサイか青菜、もしくは大根葉とも思える緑黄色野菜も入っており、これがとても良いアクセントになっています。本当にクセになる良い味付けで、あっという間に完食してしまいました。

濃い味が苦手という方にはおすすめじゃないかもしれませんが、濃い味が好きな方にとってはドンピシャの炒飯かもしれません。ビールを飲みながら食べるのも良さそうな気がします。

ランチランキング

スポンサードリンク