大阪王将の「ふわとろ天津飯」を食べた感想

シンプルに旨い!大阪王将の「ふわとろ天津飯」

大阪王将と言えば「餃子」があまりにも有名ですが、その他にも美味しくて人気のあるメニューがたくさん存在しています。

そんな隠れた人気メニューの代表格が、この「ふわとろ天津飯」ですね。この天津系のメニューには、他にも「ふわとろ天津チャーハン」と「ふわとろ麻婆豆腐天津飯」、そして「ふわとろ天津麺」があります。

ふわとろ天津飯は一番ベーシックな天津系メニューであり、値段はたったの390円(税込)です。リーズナブルさも、際立っていますね。

以前、ローカルTV番組で、ある大阪王将の店舗が取材されていました。その時に、お店の一番人気として紹介されていたのがこの「ふわとろ天津飯」で、私もそれ以来、定期的にこのふわとろ天津系のメニューを食べています。

そして、実際にお店で注文した「ふわとろ天津飯」がこちらです。写真には写ってませんが、スープも付いています。

ふわとろ天津飯

ふわっふわの卵の下には、胡麻のかかった白いご飯が入っています。

ふわとろ天津飯のアップ

早速そのまま一口頂きましたが、卵が本当にふわふわしていて、シンプルに美味しいです。あんかけの味もあまり濃くないので、ふわっふわの卵の旨味を堪能できます。

一口食べるとまたすぐにもう一口食べたくなるような、不思議な魅力を持った一品ですね。胡麻も良いアクセントになっていて、飽きずに最後まで味わうことができました。

天津系のメニューでは、「ふわとろ天津チャーハン」もおすすめです♪

 

ランチランキング


スポンサードリンク