バーミヤンのビャンビャン麺を頂いた感想

バーミヤンのビャンビャン麺を頂いた感想

スパイス投入で旨さアップ!バーミヤンのビャンビャン麺

バーミヤンでは定番の中華料理から変わり種の中華まで色んなメニューが提供されていますが、「一体どんな味なんだろう?」と思わせてくれたのが「ビャンビャン麺」です。

2021年4月中旬時点のバーミヤンの公式サイトでは、「おすすめメニュー」の中にこのビャンビャン麺が掲載されています。

さらに、以下の魅力的な言葉も添えられており、益々興味をかき立てられました。

・一度食べたらやみつき!

・幅広の麺に絡む辛味と旨さ

・中国内陸部に位置している陝西省(せんせいしょう)の郷土料理

期間限定商品かもしれないので「今食べておかねば!」と思い、今回はこのビャンビャン麺を単品で注文。値段は税込769円でした。

この日は日曜日の夕方にバーミヤンのお店に行ってみたのですが、店内はご家族やご夫婦で来店されているお客さんが多かったですね。

デリバリーに向かう店員さんもいて、繁盛している印象がありました。

そして注文してから待つこと10分ぐらいで、バーミヤンのビャンビャン麺の登場です。

バーミヤンのビャンビャン麺

野菜や煮豚、玉子などの具材が乗っています。スパイスとして「シャンラー油」の小鉢も付いています。

麺は予想以上の”幅広”でした。

幅広な麺

まずはスパイスを入れずに食べてみましたが、ほのかに酸味が効いており、今まで食べたことがないような味でした。

麺はもちもちしていて、食感が素敵です。

続いてシャンラー油を入れて、かき混ぜてみたところ・・・

シャンラー油を絡めたビャンビャン?

とても良い色合いになります。

そして食べてみましたが、このスパイスを加えたことで旨さがアップ!

本当に奥深いスパイスで、一口食べるとすぐにもう一口食べたくなる、不思議な美味しさを醸し出してきました。

このビャンビャン麺はスパイスが決め手となった、ニュータイプの料理だと思いましたね。

日本では滅多にない麺料理かと思いますので、気になる方はぜひ注文されてみてはいかがでしょうか(^^♪

ランチランキングTOPページに戻る


スポンサードリンク