おのざき 海鮮寿司ラトブ店(いわき市)で海鮮丼を頂いた感想

おのざき 海鮮寿司ラトブ店(いわき市)で海鮮丼を頂いた感想

ネタが新鮮で旨い!おのざき海鮮丼を頂いた感想

「おのざき 海鮮寿司ラトブ店」の外観

広大な太平洋に面している福島県いわき市は”美味しい魚介類を食べられる町”としても知られていますが、このいわきを代表する海産物の専門店と言えば「おのざき」さんではないでしょうか。

創業はなんと、1923年(大正12年)。

1978年(昭和53年)には、いわき市平正内町のやっちゃば(現在は鮮場やっちゃば平店)に出店し、”いわきの台所”として、たくさんの方々に親しまれてきました。

その後も市内の各地域に鮮魚店や飲食店を出店し、今ではいわき市にとって欠かせないお店となっています。

今回はいわき駅前のラトブ1階にある「おのざき 海鮮寿司ラトブ店」へ訪店し、定番の海鮮丼を頂いた感想をまとめました。

おのざき 海鮮寿司ラトブ店にて海鮮丼を注文!


お店の到着したのは、日曜日の17時頃です。入口には「営業中」の札が出ており、すかさず入店しました。

店内はたくさんのカウンター席があり、中央には複数人のスタッフさんが出迎えています。

ラトブはお洒落な雰囲気の複合施設ですが、この店内はまさに”和”の雰囲気が漂っていましたね。

メニュー表を見ると、美味しそうなお寿司の名前がずらりと並んでいます。

お寿司にするか、丼にするか迷いましたが、今回は写真がとても美味しそうだった「おのざき海鮮丼」を注文。値段は税込1,320円でした。

おのざき海鮮丼

まぐろやほたて、しめさば、いくら、穴子、いか、いくらなど、色んなネタが乗っています。

まぐろやほたてなどネタがたっぷりな海鮮丼

色合いも本当に見事ですね。

小皿にお醤油を注ぎ、海鮮ネタを一つずつお醤油に浸けながら食べ始めました。

まぐろは脂が乗っており、ほたては食感や風味がとても豊かです。

一つひとつのネタが新鮮で、とても美味しい海鮮丼でした。

「本まぐろ大トロガーリック炙り」や「北海三貫盛」など美味しそうなお寿司メニューもたくさんあるので、今度は本格的なお寿司も味わってみたいですね(^^♪

スポンサードリンク


「おのざき 海鮮寿司ラトブ店」の店舗情報

住所:福島県いわき市平字田町120 ラトブ(LATOV)1階

営業時間

ランチ:11時〜15時(ラストオーダー14時30分)

ディナー:16時〜20時(ラストオーダー19時30分)

定休日:ラトブの休館日に準ずる

駐車場:30分毎100円(500円以上のお買い上げ、もしくは公共施設の利用につき、最大2時間無料)

海産物専門おのざきの公式サイトはこちら

「おのざき 海鮮寿司ラトブ店」のメニュー情報

下記のメニュー以外にも、平日ランチメニューや、お持ち帰りメニューも提供されているようです。値段は税込表記となっています。

お寿司メニュー

〇132円
いか、いかげぞ(ボイル)、ネギトロ軍艦、まぐろ山かけ軍艦、まぐろ納豆軍艦、しめさば、しめさば炙り、むしえび、シーチキン軍艦、コーン軍艦、納豆巻、かんぴょう巻、かっぱ巻、いなり、玉子

〇196円
甘えび、びんちょうまぐろ、しめこはだ、えびマヨ、つぶ貝、つぶ貝炙り、北海たこ、海鮮サラダ軍艦、赤エビ、梅きゅうり巻、ネギトロ巻

〇242円
自家製玉子、自家製穴子、えんがわ、生サーモン、生めばちまぐろ、かにみそ軍艦、ほたて、ほたて炙り、穴きゅう巻、鉄火巻、いか盛

〇308円
大トロサーモン、オニオンサーモン、サーモンチーズ炙り、サーモン盛り、本まぐろ赤身、真鯛、かんぱち、いくら軍艦、赤貝、あおりいか、かに盛、えび盛、炙り三貫盛

〇418円
平目、しまあじ、ズワイガニ、本まぐろ中落手巻、白身盛、軍艦三種盛、北海三貫盛

〇528円
ボタンえび、活ほっき貝、特上数の子、自家製一本穴子、本まぐろ中トロ

〇748円
本まぐろ大トロ、本まぐろ大トロガーリック炙り、本まぐろ大トロネギ塩炙り、本まぐろ盛り、北海五貫盛

14時30分からの限定メニュー

おのざき海鮮丼(1,320円)、三色丼(1,320円)、鉄火丼(1,320円)、穴子丼(1,320円)、特上丼(1,870円)、特選にぎり(1,100円)、上寿し 新伊勢(1,386円)、特上寿し 武蔵(1,870円)

ランチランキングTOPページに戻る


スポンサードリンク