創味シャンタンでチャーハンや炒め物を作った感想

創味シャンタンでチャーハンを作る!その味はいかに!?

創味シャンタン チューブタイプ

山崎努さんと安田美沙子さんのテレビCMが流れていた頃から、ずっと使ってみたいと思っていた創味シャンタン。

今回チューブタイプのお試しセットが販売されているのを発見し、ようやく手に入れることができました。

高良健吾さんと早見あかりさんの2016年度のCMでは、創味シャンタンの缶タイプとチューブタイプの2種類が紹介されています。チューブタイプのパッケージには「やわらかタイプ」と書かれており、缶の創味シャンタンよりもやわらかく加工されているようですね。

チューブタイプの裏側には、チャーハンや野菜炒めを作る時の「使用目安量」のメモリも付いています。スプーンを使わなくても良いので、助かりますね。(ちなみに含まれているアレルギー物質は、小麦、乳、大豆、ごま、鶏肉、豚肉、ゼラチンとなっています。)

創味シャンタンチューブタイプの裏面

今回は創味通販の公式サイトに掲載されているレシピを参考にしながら、チャーハンやもやし痛めなどを実際に作ってみました。


創味シャンタンで「チャーハン」を作ってみた感想

材料:冷やご飯、卵、ネギ、ハム、ごま油、創味シャンタン

作り方:フライパンにごま油を入れて熱し、卵を入れます。続いてレンジで温めたご飯、ハム、ネギを入れて炒め、最後の創味シャンタンで投入。しっかりと絡まったら完成です。

創味シャンタンで作ったチャーハン

生まれて初めての創味シャンタンを使った料理なのでちょっと緊張しながら食べてみましたが、「塩風味の中華チャーハン」といった印象で美味しかったです。

見た目は薄そうですが、しっかりと味が付いています。(創味シャンタンを入れすぎたので、若干しょっぱくなってしまいましたが・・。)


そして今回の具は卵とハム、ネギだけでしたが、具を増やせばもっと美味しくなるだろうな〜と思いました。グリンピースなど、ちょっと甘味のある具材が良いかもしれません。

引き出された豚肉の旨味!「アスパラと豚バラ肉の中華炒め」

材料:アスパラ、豚バラ肉、ごま油、創味シャンタン、コショウ

作り方:アスパラを一口サイズに切り、熱湯で2分ぐらい下茹でします。熱したフライパンにゴマ油を入れ、最初に豚肉を炒めます。豚肉の色が変わってきたらアスパラを加え、更に炒めます。最後に創味シャンタンを入れてさっと炒めれば完成です。

アスパラと豚バラ肉の中華炒め

豚肉に創味シャンタンの味がしっかりからんでいて、とても美味しかったです。豚肉と創味シャンタンの組み合わせはとても良いですね!

アスパラは良い感じで甘さが出ており、豚肉との相性も抜群でしたね。

ただ、ちょっと太めのアスパラは少し固く、筋が残っている感じのものがありました。一応最初に2分ぐらい茹でたのですが、太いものはもうちょっとしっかり茹でないとダメなのかもしれません。また、レシピでは茹でる時に塩を入れるよう記載されていましたが、入れるのを忘れていました。

次回の調理に活かしていこうと思います。

スポンサードリンク


創味シャンタンで味付けした「もやし炒め」

材料:もやし、豚バラ肉、ニラ、創味シャンタン、サラダ油、コショウ

作り方:豚バラ肉を適当な大きさに切り、サラダ油で最初に炒めます。続いてもやしやニラを投入して更に炒め、最後に創味シャンタンとコショウで味付けすれば完成です。

創味シャンタンで作ったもやし炒め

いつもは焼肉のタレと塩コショウで味付けしているのですが、いつもの味とは全く違っていて美味しかったです。ちなみに今回は、もやしやニラ、人参が入った100円ぐらいの野菜パック(袋状のもの)を使いました。

ベースは塩の中華味なのですが、過去にどこかの中華料理屋さんで食べた野菜炒めと同じような感じでした。今回は鶏肉を入れたのですが、鶏肉との相性も良かったです。

キムチにも合う!創味シャンタンで作るキムチチャーハン

材料:冷やご飯、卵、ベーコン、ねぎ、創味シャンタン、コショウ、ゴマ油

作り方:予め冷やご飯をレンジで温めておきます。次に熱したフライパンに溶き卵を入れ、その後すぐにご飯を投入。少しほぐれてきたらベーコンをネギを入れて、更に炒めます。最後に創味シャンタンとコショウを加えて味を馴染ませたら完成です。

創味シャンタンで作ったキムチチャーハン

卵とキムチはもちろんのこと、ネギとベーコンも入れております。キムチはいつも食べている「こくうま」を使いました。

キムチに味が付いている分、創味シャンタンは少なめにしています。

創味シャンタンの塩味が強いため、キムチの甘味が際立ってとても美味しかったです。最初につくったノーマルな炒飯よりもコクも出ていました。

創味シャンタンで作るチャーハンは具材を豊富にし、ちょっとアレンジした方が美味しいかもしれないと思いました。


創味シャンタンの歴史

創味シャンタンは創味食品が1961年に開発・販売し、業務用の中華万能調味料としてプロの料理人にも愛用されてきたそうです。

そして発売から55年後。満を持して家庭用サイズの創味シャンタンが販売されています。

 

ランチランキングTOPページに戻る


スポンサードリンク


創味シャンタンでチャーハンや炒め物を作った感想関連ページ

創味のつゆ
手造りごまドレッシング