2022年のお正月に向けた「おせち料理」の早割が、早くもスタートしました!

おせち料理の写真

まだまだ夏真っ只中で、全国各地で猛暑日となった2021年8月28日の土曜日。

ネットでグルメ情報をリサーチしている時に偶然目に入ったのが、「おせち料理の早割キャンペーン」です。

”おせち料理って・・・!まだ8月じゃん!どれだけ早いのーーー!”

と思いつつも、年に一度のビッグイベントだけに、その内容が気になります。

流れるように早割について調べてみたところ、だいぶお得な料金設定になっていました。

そこで今回は、おせち通販業界でも名のしれた下記のお店・企業を注目。

匠本舗

オイシックス

ベルーナグルメ

各社のおせち料理をチェック。その内容を簡潔にわかりやすくまとめております。

おせち料理を少しでもお得に注文したい!と思った時など、ぜひご参考にして頂ければ幸いです。

全国の料亭・名店が監修!匠本舗の冷蔵おせち

京都祇園「岩元」のおせち料理

全国各地の料亭や有名店に監修された”本格派のおせち”を自宅まで届けてくれるのが、匠本舗オリジナルの料亭おせちです。

おせちの販売実績はなんと190万個以上。ネットショップ大賞では11年連続で1位を受賞しているとのことで、知名度も人気も高いお店です。

おせち料理が割引で購入できる「早割キャンペーン」は、第1弾から第3段までで、早割期限は以下のように予定されています。

2022年おせち料理の早割期限

・早割第1弾 ⇒ 9月30日まで

・早割第2弾 ⇒ 10月31日まで

・早割第3弾 ⇒ 12月10日まで

一番お得になるのは9月30日の第1弾ですが、それ以降でもお得になる機会が設けられているのが良いですね。

実際に匠本舗の公式サイトをチェックしてみると、京都祇園「岩元」さんや大阪の有名なシェフ「林裕人」さん、東京銀座「遠音近音」さんなど、本当に有名なお店や料理人が監修していることがわかります。

また約5〜8人前から約2〜3人前まで、サイズが豊富に揃っているので選びやすいですよね。

和洋折衷の魅力的なおせち料理が勢揃いしていますので、ぜひ一度チェックしてみてください!

匠本舗の「料亭おせち」公式サイトはこちら

食材宅配サービスで人気の「オイシックス」が手掛けたおせち料理


旬の野菜や名産地の食品を届けてくれる”食材宅配サービス”で有名な「オイシックス」も、おせち料理の早割キャンペーンを実施しています。

オイシックスのおせち料理の特徴

・おせち料理の販売実績はなんと20年以上!

・合成着色料や合成保存料は一切使用していないので、お子様にも安心。

・ローストビーフは蟹など、お肉と海鮮の両方を味わえる

・累計販売数は35万台を突破

企業の歴史が長く、美味しい野菜や食品を日本全国のお客様へ定期的に届けているオイシックスだけに、安心感が高いですよね。

ちなみにおせち料理の早割キャンペーンは、各月頃に行われることが予想されます。

2021年8月時点からスタートしているので、「今年はオイシックスのおせちを食べよう!」と決めている場合は、早めの注文が間違いなくお得ですね。

オイシックスの「おせち料理」公式サイトはこちら

1977年に設立された通販企業「ベルーナ」のおせち料理

カタログ通販でお馴染みの「ベルーナ」でも、おせち料理を販売していることをご存知でしょうか?

2011年8月〜2021年1月までの累計販売数は50万台を突破しており、この10年の間で本当にたくさんの方々がベルーナのおせち料理を申し込んでいることがわかります。

ベルーナのおせち料理の特徴

・毎年会社で検証会を実施。今年はブリ照焼や合鴨スモークなどがリニューアル

・おこわ風うなぎ飯や年越しそばセットなど、おせちと一緒に選べるセット商品が豊富

・料理は選りすぐりの全41種。豪華なおせち料理を味わえる

ちなみに「2022年おせち料理」の早割は第1弾〜第3弾までで、各期限は下記のようになっています。

ベルーナおせち料理の早割期限

・おせち早割第1弾:2021年10月1日(金)9時59分まで(15%OFF)

・おせち早割第2弾:2021年11月1日(月)9時59分まで(10%OFF)

・おせち早割第3弾:2021年12月1日(水)9時59分まで(5%OFF)

ベルーナグルメのおせちは各種お料理が本当に美味しそうで、食材にもこだわりが感じられますね。長年に渡ってたくさんの方々が利用していることにも、納得できる内容だと思います。

昨年は完売したとのことですが、今年は数量限定の販売になるそうです。早割の期日もあるので、早めにチェックしておきましょう!

ベルーナグルメの公式サイトはこちら

スポンサードリンク


おせち料理の通販特集へ戻る


ランチランキングTOPページへ戻る


このページの先頭へ戻る