とんかつ和幸の「ロースかき盛合せ御飯」を食べた感想

ランチの栄養バランスを整えるために。

広島県産の美味しい牡蠣!とんかつ和幸の「ロースかき盛合せ御飯」

日本では四季折々に旬の美味しい食べ物がありますが、秋から冬にかけて旬を迎える海の幸と言えば「牡蠣(かき)」ですよね。

「海のミルク」とも呼ばれる牡蠣は、栄養もたっぷり詰まっています。特に亜鉛が豊富な食材として知られており、髪の毛の成長や貧血予防にも役立ちます。

このため11月〜2月の旬なシーズンは牡蠣を積極的に食べている方も、いらっしゃるのではないでしょうか。

とんかつ和幸では、冬の季節限定商品として「かきフライ」を使ったメニューが提供されていました。販売期間は、2016年10月1日から2017年2月末まで。なんと5ヶ月間もあります。

具体的なメニューを見てみると・・

〇かきフライ御飯(1,250円、かきフライ5個)

〇かき盛合せ御飯(1,380円、一口ひれかつ、海老フライ、かきフライ3個)

〇ロースかき盛合せ御飯(1,250円、ロースかつ、かきフライ2個)

〇ひれかき盛合せ御飯(1,250円、一口ひれかつ2個、かきフライ2個)

となっています。この他、付け合わせとして1個133円でも注文できるようですね。「かき盛合せ弁当」も税込849円で販売されていました。

スポンサードリンク


今回私は、「ロースかき盛合せ御飯」を注文。2017年の年明け早々にお店に行ったので、店内はかなり混んでいましたね。15時頃でしたが、8割以上の席は埋まっていました。

そして注文してから8分ぐらいで、店員さんが「ロースかき盛合せ御飯」を持ってきてくれました。

和幸の「ロースかき盛合せ御飯」

定番のロースかつと、牡蠣フライが2個盛り付けられています。

ロースかつと牡蠣フライ

まずはサラダに柚子ドレッシングをかえて完食。続いて牡蠣フライにタルタルソースを付けて食べてみました。

広島県産の大きな牡蠣なので、一口では食べきれません。衣はサクサク、中にはしっかり牡蠣が詰まっており、濃厚で美味しかったです。和幸のタルタルソースとの相性もぴったりでした。

続いてロースかつにソースをかけて食べ進めましたが、いつもよりお肉が柔らかい印象を受けました。

おかずがたっぷりなので、どうしてもご飯が足りなくなります。途中で半ライスとキャベツをおかわりし、今回も美味しく完食できました。

大きくて濃厚なカキフライを味わえるので、牡蠣がお好きな方には特におすすめのメニューだと思います(^^♪

 

ランチランキングTOPページに戻る


スポンサードリンク