エキストラバージンオリーブオイルのおすすめはコレ!オリーブハート


お薦めのエキストラバージンオリーブオイル「オリーブハート」


オリーブの風味が豊かで、生食としても利用できるエキストラバージンオリーブオイル。

健康のために使っている方もたくさんいらっしゃると思いますが、ネット上では”偽物の存在”のうわさも出ています。

せっかく値段が高めのエキストラバージンオリーブオイルを購入するのですから、偽物に騙されることなく、本物を使いたいですよね。

そこで本格派のエキストラバージンオリーブオイルを求めている方におすすめしたいのが、オリーブハートです。

オリーブハートは日本の四季のあわせてオリジナルブレンドした、まさに旬を味わえるエキストラバージンオリーブオイルです。

・・・プリメーラ(フレッシュな極上フルーティオイル)

・・・アマルゴ(さわやかで程よい苦みのスパイシーオイル)

・・・ブリージョ(花のような香りのフルーティティス)

・・・スアーベ(口当たりが良いマイルド風味な味わい)

季節に合わせて、上記の旬なオリーブオイルを堪能できます。※収穫量があらかじめ決まっているため、出荷できる本数にも限りがあるそうです( ゚Д゚)

また、オリーブハートのエキストラバージンオリーブオイルには、以下の特徴もあります。

そのまま生でかけられる

フレッシュで美味しく、ポリフェノールが豊富なオリーブオイルであり、そのまま生で各種お料理やサラダなどにかけられる。

スペインの農園で収穫

スペイン南部のアンダルシア州にあるラス・バルデサス農園で収穫された青い実を、10時間以内に搾油。新鮮素材を使ったフレッシュオイル。

日本人の舌に合わせたオリジナルブレンド

世界的なオリーブオイルの権威として知られるヘロニモ・ディアス氏の監修のもと、苦味に弱い日本人の舌に合わせて作られている。

生産者や搾油所など、ちゃんと明確化されている

産地や生産者、農園、栽培品種、搾油所などがきちんと明記されており、嘘偽りのない商品を提供している。

さらに、欧州の食品安全機関「エフサ」では「オリーブポリフェノールが25mg以上含まれているかどうか」という認定基準があるのですが、オリーブハートのエキストラバージンオリーブオイルは、この数値を上回るオリーブポリフェノールが含まれています。

オリーブハートは一般的な洋食料理に使うだけでなく、素材や和食にもそのままかけられる、新しい形の美味しいオリーブオイルです。

本物かつ本格的なエキストラバージンオリーブオイルを求めている方へ、特におすすめです(^^♪

 オリーブハートの公式サイトはこちら

エキストラバージンと一般的なオリーブオイルとの違い

エキストラバージンオリーブオイルは、一般的なオリーブオイル(ピュアオリーブオイル)とは何が違うのでしょうか。その違いを箇条書きでまとめました。

エキストラバージンオリーブオイル

・果実を絞り、ろ過したままのオリーブオイル

・豊かなオリーブの風味を堪能できる

・生食で使われることも多い

ピュアオリーブオイル

・予め精製し、調理にも使いやすいよう調整されている

・炒め物や焼物など、加熱調理に使いやすい

つまり、エキストラバージンオリーブオイルは風味が豊かで、そのままサラダやカルパッチョなどにかけられる。一方、ピュアバージンオイルは、調理しやすいように調整されているのですね。

オリーブオイルの本格的な風味を味わいたい方、また、各種お料理に直接かけたいという方には、エキストラバージンオリーブオイルの方がおすすめです!

 

ランチランキングTOPページに戻る


スポンサードリンク