六厘舎(東京駅)で「得製つけめん」を食べた感想

ランチの栄養バランスを整えるために。

東京屈指の人気つけ麺店!六厘舎の得製つけめんを食べた感想

六厘舎の外観


東京駅の地下1階には人気のラーメン店が集結した「東京ラーメンストリート」がありますが、その中でも行列の耐えない大人気店が「六厘舎」です。

もともとは品川区大崎の住宅街に本店がありましたが、その人気故にすごい行列が出来てしまい、近隣住民の方々に迷惑をかけてしまうこともあったそうです。

そして2009年には東京駅地下1階の目立つ場所に六厘舎がオープンし、それ以来行列必死の超人気店として、テレビ番組でも時々取り上げられるようになりました。

今回私が六厘舎のお店に行ったのは、2015年7月の平日です。以前、日中帯に行った時は50分ぐらい並んだことがあったので、今回は夜21時頃に行ってみました。

到着したのは21時5分。30分待ちのプラカードの所まで行列が出来ていました。その後しばらく並び続け、カウンター席に座れたのは21時30分頃でした。

スポンサードリンク


六厘舎のメニューは、得製つけめん(1060円)や味玉つけめん(930円)、つけめんシュリンプ(930円)、辛つけめん(930円)、つけめん(830円9、中華そば(700円)、特製中華そば(900円)などがあります。

また、通常の麺の量(並盛)は450gなのですが、300gの小盛りに変更することも可能です。滅多に来れないお店なので、今回は得製つけめん(並盛)の食券を購入し、店員さんに手渡しました。

そして待つこと更に7分程度。得製つけめんの登場です。

六厘舎 得製つけめん

早速一口食べてみましたが、相変わらずパンチのある味わいでなかなか美味しかったです。

得製なので、味玉、豚ほぐし、チャーシュー、メンマ、ナルト、ねぎ、魚節が全部入っています。一番気に入ったのは味玉で、良い具合に味が染みていてとても旨かったですね。

しかし、3分の2程食べたところでお腹が一杯になってしまい、最後の方は若干気持ち悪くなってしまいました。小盛にしておけば良かった・・と思いましたが、後悔先に立たずです。

もし次回来る機会があったら、無理をせずに小盛りにしようと思います。

 

スポンサードリンク


店舗情報

店名 六厘舎
住所 東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街 地下1階(東京ラーメンストリート内)
営業時間 7:30〜10:00(ラストオーダー 9:45)
11:00〜22:30(ラストオーダー 22:00)
定休日 年中無休
席数 26席
禁煙・喫煙 完全禁煙
アクセス 2009年6月17日
公式サイト http://rokurinsha.com/

ランチランキング

六厘舎(東京駅)で「得製つけめん」を食べた感想関連ページ

ラ・メール・プラール
炭焼豚丼 豚野郎