ビッグボーイの「炙り大俵ハンバーグ」を食べた感想

ランチの栄養バランスを整えるために。

自分で炙る!ビッグボーイの「炙り大俵ハンバーグ」の感想

ビッグボーイの看板メニューと言えば「大俵(おおたわら)ハンバーグ」がとても有名ですが、2015年11月、生まれて初めてようやく食べに行くことができました。

しかも、この月の上旬に”炙り”系のものが新しく発売されたらしく、メニュー表でも大々的に紹介されています。

せっかくだから食べてみねば!と思い、今回はレギュラーランチの「炙り大俵ハンバーグ(150g)を注文。サラダバーも付けたので、値段は税込1,263円でした。(ちなみにサラダバーをつけない場合(カレーライス&スープのみ)は、税抜890円で注文できます。)

そしてソースは「和風おろし」、「洋風デミグラス」、「ガーリック」、「わさび醤油」の4種類から選ぶことが出来ます。どれにしようか迷いましたが、結局は「和風おろし」を選びました。

注文を済ませたら、まずはサラダバーに直行です。ブロッコリーやミニトマト、オクラ、枝豆、海草サラダ、ほうれん草、ポテトサラダなど、種類が実に豊富ですね。

ビッグボーイのサラダバー

そしてこのサラダが食べ終わる頃、遂に炙り大俵ハンバーグの登場です。

炙り大俵ハンバーグ

こんな円柱型のハンバーグを生で見るのは、生まれて初めてです。すごいボリュームですね。早速フォークとナイフで切り分け、付属の卓上コンロで焼いてみました。

炙り大俵ハンバーグを焼いている所

ジュ〜という音を立てながら、ハンバーグが焼けていきます。程よく焼けた所で、和風おろしソースをつけて食べてみましたが、ジューシーでありながら香ばしい風味も加わっており、とても美味しかったです。

普通に鉄板で食べるハンバーグと比べると、食感や香ばしさが全然違いますね。こんなハンバーグを食べたのは初めて!と思えてしまうぐらい、独特の旨さがありました。

ただ、ハンバーグゆえにステーキ肉ほど成形されていないので、お肉が途中で崩れたりして苦戦してしまいました。しかし、それが理由でちょっと焼き過ぎになったとしても、お肉は更に香ばしくなります。奥が深いメニューだな〜と感心させられました。

炙り大俵ハンバーグを食べ終わった後、最後にカレーとデザートを盛ってきました。

ビッグボーイのカレーライス

ご飯はターメリックライスを選んでいます。洋風のカレーで普通に美味しかったです。そして締めとしてプリンや杏仁豆腐を頂き、大満足のランチとなりました。

とても美味しいハンバーグだったので、また食べに行きたいと思います。

 

ランチランキング

スポンサードリンク