山形市の「いのこ家 山形田」でランチを食べた感想

ランチの栄養バランスを整えるために。

山形料理をたっぷり味わえる居酒屋「いのこ家 山形田」

霞城セントラルの外観


JR山形駅の西口を出ると右手に一際大きなビル「霞城セントラル」がそびえ立っていますが、この1階に入っている居酒屋が「いのこ家 山形田」です。

山形料理をまるごと味わえるお店で、食べログでの評価ポイントは3.52。お昼はランチを、夜はお酒を飲みながら山形料理を食べられるお店として人気を集めているようですね。

「いのこ家 山形田」の外観


今回私が山形田に行って来たのは、2015年12月の平日でした。営業時間はお昼の部が11時半から17時まで、夜の部が17時から23時までとなっています。

到着したのは15時過ぎだったので、店内はほとんどお客さんがいませんでした。どの席でも大丈夫とのことだったので、テーブル席に着席。メニュー表を見ると色々なお料理がありましたが、今回は「山形さんぽ〜山形料理食べ歩きコース〜」を注文しました。値段は税込2,300円です。

スポンサードリンク


ちなみに山形田が入っている「霞城(かじょう)セントラル」は、官民複合型の高層ビルなんだそうです。山形市だけでなく民間企業も入っており、イベント等も活発に行われているそうですね。

7〜9階には山形県立霞城学園高等学校があり、19〜21階は山形駅西口ワシントンホテルが。そして最上階の24階にもいくつかのレストランがあります。

1階は山形田だけでなく、インディアントマトや茶蔵茶房などのお店もあるようですね。

そして注文してから7分ぐらいで、山形さんぽの登場です。

山形さんぽ

山形牛の鉄板焼きと芋煮、冷し肉そば、だし豆腐、お漬け物の全5品です。鉄板焼きは火が消えた頃が食べごろとのことでした。なお、肉そばは冷たいのと温かいのを選べるようになっています。私は冷たい方を選びました。

まずは山形名物の芋煮から食べてみましたが、お肉や里芋、きのこ類などの具材がたっぷりで、味も丁度良くて美味しかったです。具材が盛りだくさんなのが嬉しいですね。

続いて冷し肉そばですが、鶏のダシが効いた田舎そばで、こちらも旨かったですね。コクがあってどんどん箸が進んでしまうような美味しさでした。

ダシ豆腐は刻んだ野菜が乗っている冷やっこで、少しお醤油をかけて食べました。以前に松屋で「山形だし牛めし」を食べましたが、あれよりも細かく野菜が刻んであります。

そして、最後に頂いたのが山形牛の鉄板焼きです。

山形さんぽ「山形牛の鉄板焼き」

ちょっと焼き過ぎてしまった感じがあるものの、美味しかったです。

山形さんぽは一つひとつのお料理の量はそれほど多くないので、1人でも十分に食べられますね。ただ、これで2,300円はちょっと高いな〜と思ってしまいました。

個人的に一番美味しかった「肉そば」は単品で840円で提供されているので、単品で食べるのも良いですね。

 

スポンサードリンク


店舗情報

店名 いのこ家 山形田
住所 山形県山形市城南町1-1-1 霞城セントラル1F
営業時間 昼の部 11時30分〜17時、夜の部 17時〜23時(ラストオーダーは22時30分)
定休日 年中無休(※元旦は昼の部が休業
電話番号 023-647-0655
席数 席数66席(カウンター10席、テーブル16席、堀りごたつ40席)
公式サイト http://www.yamagata-da.com/

ランチランキング