宇都宮市の川蝉(かわせみ)でうな重を頂いた感想

宇都宮の鰻の名店!川蝉(かわせみ)でうな重を頂いた感想

川蝉の外観


1975年に創業され、今や宇都宮のみならず栃木で一番美味しい「うなぎ」を食べさせてくれるお店が「川蝉(かわせみ)」さんです。

2016年3月時点の食べログの評価を見たところ、なんと3.94。食べログの全てのレストランジャンルにおいて宇都宮市で第1位、栃木県内でも第1位となっています。

数年前から気になっていたお店だったのですが、今回ようやく川蝉さんを訪れるチャンスがやってきました。

お店は日曜と祝日が休みで、お昼の営業は平日のみの11時30分〜13時30分まで。夜は月曜から土曜までの営業で、時間は17時〜22時までとなっています。うなぎ屋さんにしては意外と遅めの時間まで営業されていますね。

スポンサードリンク


今回私がお店に行ったのは、2016年3月の平日です。11時20分にお店に到着したところ、まだ準備中でした。並んでいる人はおらず、一番乗りです。

そして11時30分に若い店員さんがのれんを出し、笑顔で「いらっしゃいませ」と迎えて頂きました。とても感じがいいです。

店内は1階と2階があり、2階は座敷になっているようです。私は1人だったので、カウンター席に座りました。

女将さんも感じの良い方で、お茶を出しながら気さくに話しかけてくださいました。

メニューはうな重の「竹」と「松」があり、私は「竹」を注文。値段は2,916円でした。食べログに記載されている値段よりも、ちょっとだけ値上がりしているようですね。

焼くのに時間がかかるとのことで、女将さんが漫画を持ってきてくれます。ありがたく受け取り、その漫画を拝読。なかなか面白かったです。

待っている間に次々とお客さんが訪れ、予約の電話も鳴っていました。店内は少しずつ活気が出てきます。

そして注文してから15分ぐらいで、うな重「竹」の登場です。照明の関係で手前が少し暗くなってしまいました。申し訳ありません。

川蝉のうな重「竹」

早速うな重を一口食べてみましたが、ふわふわとした優しい食感で香ばしさもあり、とても美味しかったです。思い出したらヨダレが出てきました。

女将さんに「どうでした?濃くなかったですか?」と聞かれましたが、全然そんなことはありません。本当に丁度良い味のタレでした。

「うな重はタレじゃない!うなぎ本来の旨味が大切なんだ!!」と言わんばかりの見事な味です。

本当に優しい風味のうなぎなので、ガツガツ食べるのではなく、一口ずつしっかり味わいたくなる感じですね。噛めば噛むほど、うなぎの旨味を堪能できる。そんな印象もあります。

「栃ナビ!」というサイトの川蝉の紹介ページを見てみると「活うなぎを朝さばき、冷凍しないでその日のうちに使いきる。秘伝のタレで香ばしく焼き上げた蒲焼きは、口の中でふんわりとろけます。」と表現されていました。

あ〜また明日にでも食べに行きたい!宇都宮駅から徒歩10分ぐらいの場所にあるので、観光で訪れた時にもおすすめだと思います。

 

スポンサードリンク


店舗情報

店名 川蝉(かわせみ)
住所 栃木県宇都宮市大通り5-1-19
営業時間 ランチ 月〜金 11時30分〜13時30分
夜 月〜土 17時〜22時
定休日 日曜・祝日
電話番号 028-625-5483
席数 25席
アクセス JR宇都宮駅から徒歩10分
オープン 1975年

ランチランキング