宇都宮市の餃天堂(ぎょうてんどう)で餃子を食べた感想

ランチの栄養バランスを整えるために。

JR宇都宮駅西口を出てすぐ!餃天堂の餃子を食べた感想

餃天堂の外観


餃子の街「宇都宮」には数え切れなないほどの餃子店がありますが、激戦区とも言えるJR宇都宮駅周辺の人気店が「餃天堂(ぎょうてんどう)」さんです。

JR宇都宮駅の西口を出て、南側の階段を下りて直ぐの場所にあります。

実は先日の日曜日にも行こうと思ったのですが、14時頃に到着するとお店の前には10人以上の行列が出来ていました。

「これは結構待ちそうだな・・」と思い、この時は断念。そして翌週の平日12時50分頃に再度行ってみたところ、なんと行列はゼロ。タイミング良く空席もあり、待たずに座ることができました。

平日のお昼はそれほど混んでないようですね。(たまたま運が良かっただけかもしれませんが・・。)

スポンサードリンク


メニューは焼餃子1人前(5個)と水餃子1人前(5個)がそれぞれ432円で提供されています。

そして焼餃子5個と水餃子3個がセットになった「餃天堂セット」は691円で提供されていました。丁度良い感じのセットだったので、私はこの餃天堂セットを注文します。

その他、518円の3・3セットや691円の4・4セットも提供されています。ご飯も小・中・大がありますが、今回は注文しませんでした。生ビールや各種サワー、焼酎もあり、夜は飲みながら餃子を食べるのも良さそうですね。

そして注文してから10分ぐらいで、餃天堂セットの登場です。冷たいお茶は無料で付いてきます。

餃天堂セット

店員さんに「初めてですか?」と聞かれたので「そうです!」と答えたところ、簡単におすすめの食べ方を紹介してくれました。

まず緑色の水餃子は何も味が付いてないので、醤油とお酢、ラー油をかけて食べるとのことでした。それぞれ一回り程度かけます。

そして焼餃子はお醤油でも良いのですが、マヨネーズと七味唐辛子で食べるのもおすすめなんだそうです。中の汁が入っているので、食べる時お気をつけくださいとのことでした。

まずはおすすめされた通りに、焼餃子を七味唐辛子マヨネーズで食べてみました。皮はもちもちで中には肉汁がたっぷり詰まっており、とても美味しかったです。

もっちり感が強く、今まで食べたことが無い食感の餃子でしたね。味と食感がクセになり、どんどん箸を進めたくなります。お醤油でも食べてみましたが、店員さんがおすすめされた通り、七味唐辛子マヨネーズの方が個人的には好みでした。

続いて水餃子の方ですが、この緑色の正体は「ほうれん草」でした。水餃子自体にも味が付いており、こちらも旨かったです。

餃天堂さんの餃子は、もちっとした皮と肉汁が素敵ですね。他店にはない特徴がある餃子なので、宇都宮を訪れた時に1度は食べておきたい餃子だと思います。

 

スポンサードリンク


店舗情報

店名 餃天堂(ぎょうてんどう)
住所 栃木県宇都宮市駅前通り3-3-2
営業時間 月〜土 10:00〜24:00、日 10:00〜23:00
定休日 無休
電話番号 028-614-3805
席数 13席(カウンターのみ)
禁煙・喫煙 10:00〜15:00は禁煙。週末は全日禁煙。
アクセス JR宇都宮駅西口から徒歩1分

ランチランキング