洋食や たいめいけん(エキュート上野内)

昭和6年創業の老舗の味がココに!「洋食や 三代目 たいめいけん」

たいめいけんの入口


仕事で東京・上野駅に降り立ち、時間に余裕があったので飲食店やお土産店が立ち並ぶ「エキュート上野」をぶらついていたところ、この「洋食や 三代目 たいめいけん」を発見しました。

たいめいけんと言えば洋食の名店として、広く有名なお店です。昭和6年創業で、本店は東京・日本橋にあります。あの有名店のお店が、上野駅の改札口をくぐらずに頂けるとが思ってもみませんでした。

私がエキュート上野店内のたいめいけんを訪れたのは、2013年7月中旬の午前10時40分ごろです。店内はゆっくりと食事を楽しむお客さんが数名いらっしゃいました。

スポンサードリンク


店に入ると店員さんが笑顔で迎えてくださり、「お好きな席にどうぞ」とのことだったので、奥のテーブル席に座りました。

こちらのたいめいけんは朝7時から夜23時までの通しの営業で、朝7時〜10時は朝食メニュー(490円〜)が準備されています。

たいめいけんのメニュー表

ランチメニューは朝10時〜15時までで、特製ランチ(小ぶりなオムライスとボルシチのセット)が880円で頂けるとのことでした。

特製ランチにしようと思ったのですが、せっかく来たのでハンバーグも食べてみたいと思い、昭和のコンビネーションセットの「オムライス+国産粗挽きハンバーグ(1470円)」を注文しました。

オムライスのソースはケチャップとデミグラスソースのどちらかを選べるのですが、ハンバーグにデミグラスソースがかかっているとのことで、ケチャップを選択しました。

注文してから待つこと10分程度。
オムライス&ハンバーグセットの登場です。

オムライス&国産粗挽きハンバーグ

写真だとハンバーグが真っ黒ですが、実物はもっと茶色っぽい色をしています。濃厚なデミグラスゆえに、黒っぽく写ってしまったのでしょうか・・。

オムライスをスプーンで崩して、まずは一口。ほんのりとケチャップの味がする昔懐かしいオムライスの味がお口の中にひろがりました。とても美味しかったです。

オムライスの中身

卵はそんなに厚くないのですが、ふわふわとしてライスとよく馴染んでいました。本当の王道のオムライスという感じですね。

ハンバーグの中身

ハンバーグはたっぷりのデミグラスソースがかかっているのですが、中身は右写真のようになっています。けっこうな厚みがあるハンバーグで、中にお肉がぎっしり詰まっています。

デミグラスソースの味はそんなにしょっぱくなく、ハンバーグのお肉を消さない感じでした。そのせいか、ハンバーグのジューシーなお肉の味を堪能できましたね。

本当にやさしい味で、こちらも美味しく頂くことができました。

尚、今は夏季限定で「カレーフェア」も行われていました。昔ながらの洋食屋さんのカレーはどんな味なのか・・。次回はカレーで決まりです。食べたときには、また写真と記事をアップします♪

 

スポンサードリンク


店舗情報

店名 洋食や 三代目 たいめいけん
営業時間 7:00〜23:00(月〜土)

7:00〜22:30(日・祝)
(モーニングタイム 7:00〜10:00)

定休日 無休
住所 東京都台東区上野7-1-1 エキュート上野 3F
アクセス 上野駅構内、13番線大宮・水戸方面の下り階段口の脇(となりにお寿司屋有り)
席数 32席(テーブル26席、カウンター6席)
禁煙・喫煙 完全禁煙

ランチランキング

洋食や たいめいけん(エキュート上野内)│ランチランキング関連ページ

らーめん粋家 上野店
東京じゃんがら
アーンドラ・キッチン
丸山吉平