すた丼屋で十勝風豚丼を食べた感想

ランチの栄養バランスを整えるために。

甘めの味付けがご飯に合う!すた丼屋の十勝風豚丼

すた丼屋の魅力の1つは、定番メニューに加えて「期間限定」の商品も積極的に提供していることだと思います。

2015年3月〜5月までは「春の丼フェア」として、3つの丼メニューが販売されていました。その内容は、旨辛焼肉丼と十勝風豚丼、塩すたホルモン丼の3つです。

十勝風豚丼と旨辛焼肉丼は150グラムの厚切りホエー豚を使用しているとのことで、ちょっと気になりますね。ちなみに「ホエー」とは、全乳や脱脂乳からチーズを作る時に出てくる液体を指すそうです。ヨーグルトの表面に浮いている液体も「ホエー」で、栄養も豊富なんだそうです。

どちらにしようか迷ったのですが、今回は十勝風豚丼(780円)を選びました。一緒にミニサラダ(120円)も注文したので、合計900円です。

そして待つこと8分程度。すた丼屋の十勝風豚丼(+ミニサラダ)の登場です。お味噌汁も付いています。

十勝風豚丼とミニサラダ

豚丼は見ただけでヨダレがジュワっと出てきそうです。玉ねぎや青菜、海苔も添えられているのが良いですね。

十勝風豚丼のアップ

早速食べてみましたが、豚肉の味付けはちょっと甘めでご飯に良く合います。一般的な焼肉丼には無い、甘い美味しさがありましたね。タレもしっかり絡められているので、ご飯もどんどん進みます。

お肉は厚めで噛む応えもありますし、自然と咀嚼回数が増えます。なので、十勝風豚丼の旨さをしっかりと味わうことができました。

5月31日までの期間限定ですが、来年もやって欲しいですね。このページを見ていただいたあなた様にも、ぜひお薦めしたいです。

 

ランチランキング

スポンサードリンク