なか卯の「牡蠣とじ丼」を食べた感想


広島県産の牡蠣を使用!なか卯の期間限定「牡蠣とじ丼」の感想

2016年9月28日水曜日のお昼時。なか卯の前を通り過ぎようとした時に偶然目に入ったのが、「牡蠣とじ丼」の”のぼり旗”でした。

なか卯は3週間前の9月7日にローストビーフ重プレミアムビーフカレーが出たばかりだったので、「もう新しいメニューが出たの!?」と思い、半信半疑でそのまま入店。

券売機を見ると、牡蠣とじ丼がちゃんと加わっていました。

しかしながら、なか卯の公式サイトでは、まだ牡蠣とじ丼が掲載されていません。そして店員さんからもらったクーポン券を見てみると、「10月5日(水)販売開始!」と記載されています。

これを見て「先行販売なんだ!」と納得。カキフライ定食も10月5日から販売スタートされるそうです。

牡蠣とじ丼の値段は並盛が690円で、広島県産の牡蠣を使っているそうです。今回はサラダ(胡麻ドレッシング)も注文したので、合計の支払金額は790円でした。

作るのに少々時間がかかるとのことでしたが、注文してから6、7分ぐらいで店員さんが「牡蠣とじ丼」を持ってきてくれました。

なか卯 牡蠣とじ丼

大きな牡蠣が3個乗っています。まずは牡蠣フライから食べてみましたが、広島県産だけあって味が良く、ボリュームも満点で美味しかったです。

スーパーのお惣菜売り場で購入する牡蠣フライよりも、2倍ぐらいの大きさがあると思います。一口では食べきれないサイズで、3口ぐらいに分けて美味しく頂きました。

ここのタルタルソースが付いていたら最高なのにな〜と思いつつも、あっという間に完食です。これだけボリュームのある牡蠣なので、カキフライ定食もかなり気になります。10月5日以降に、もう1度なか卯に行ってみようと思いました。

 

ランチランキングTOPページに戻る


スポンサードリンク