仙台市の「そばの神田 東一屋 名掛丁店」にてお蕎麦を頂いた感想


仙台で有名な立ち食い蕎麦!「そばの神田 東一屋」の感想

「そばの神田 東一屋 名掛丁店」の外観


仙台の中心部で最も有名な”立ち食い蕎麦の店”と言えば、「そばの神田 東一屋」だと思います。

全5店舗は全て仙台駅西口に繁華街に点在しており、名掛丁店、駅前店、本店、サンモール店、一番町店の全店で朝から夜遅くまで営業しています。

仙台の中心部で5店舗も営業しているのは、かなり凄いことですよね。

今回はこの中からアエルとパルコの向かい側のアーケード入口付近にある「そばの神田 東一屋 名掛丁店」に行ってきました。

スポンサードリンク


そばの神田の名掛丁店に行ったのは、平日の13時10分頃でした。券売機はお店の外にあり、食券を購入してからお店に入る流れです。

290円の「かけそば」や420円の「えびかき揚げそば」、360円の「月見そば」、370円の「カレーそば」、470円の「鴨南蛮そば」、370円の「きつねそば」、380円の「春菊天そば」などメニューは実に豊富で、いずれもお蕎麦ではなく「うどん」にすることも可能です。

今回私は400円の「冷やし野菜かき揚げそば」の食券を購入しました。

店内は狭く、お客さんでいっぱいです。すぐに店員さんに食券を手渡し、配膳口の隣りで待ちます。

待っている間も食べ終わったお客さんが帰り、また新しいお客さんが入ってきます。立ち食い店なので本当に回転が早いですね。

配膳口の上には、「生そばですので少々お時間をいただく場合がございます」と書かれていました。

そして待つこと2分ぐらいで、冷やし野菜かき揚げそばが完成です。立ち食い席がほぼいっぱいでどこに行こうか迷っていたら、店員さんが「あそこ空いてますよ〜!」と誘導してくれたので助かりました。ありがとうございます!

そばの神田の「冷やし野菜かき揚げそば」

かき揚げはなかなかのボリュームですね。ねぎとワカメ、そしてワサビも添えてあります。

早速お蕎麦から食べてみましたが、コシのある固めの蕎麦でシンプルに旨い!ガンガン箸を進めたくなる感じです。かき揚げは揚げ立てではありませんでしたが、お蕎麦の良いお供になってくれました。普通に美味しかったです。

早くて、安くて、旨い。手軽にランチを済ませたい時は、この「そばの神田 東一屋」はぴったりだと思います。値段も300円〜500円ぐらいなのでお財布に優しいですよね。

今回私の隣にいた人は「カレーうどん」を食べていたのですが、これがまた美味しそうでした。今度来る機会があれば、カレーうどんを食べてみようと思います。

また、そばの神田ではモーニングサービスとして「朝そば(300円)」も提供されています。温泉卵とほうれん草が乗ったヘルシーなお蕎麦なので、朝食にもぴったりですね。

 

スポンサードリンク


店舗情報

店名 そばの神田 東一屋 名掛丁店
住所 宮城県仙台市青葉区中央1-8-38
営業時間 朝7時〜25時(日祝は22時まで)
定休日 年中無休
電話番号 022-224-0305
席数 無し(立ち食い専門)
禁煙・喫煙 完全禁煙
アクセス 仙台駅西口から徒歩3分ぐらい

ランチランキング