つけ麺屋 しずく 仙台市ランチランキング


口の中に広がる濃厚な魚介と節の味「つけ麺屋 しずく」

つけ麺屋 しずくの外観


2013年4が中旬。仙台の青葉区錦町にある「つけ麺屋 しずく」に行ってきました。このお店は2012年の春にオープンしており、開店1周年を迎えておりました。

ランチの営業時間が11:00〜14:30、夜が17:30〜21:00なのですが、お昼のとんかつの「かつせい」に行ってきた私は、ちょっと食休めをして17時32分に入店。既に4、5人のお客さんがおり、もしかすると開店前に並んでいたのかもしれません。

お店ではカウンターに通され、注文を聞かれます。食券を買う形式ではないようです。注文したのは「新濃厚魚介つけ麺 全部入り」(950円)です。ノーマルの「新濃厚魚介つけ麺」は750円です。プラス100円で味玉入り、プラス250円で全部入りになるようです。

スポンサードリンク


なお、つけ麺の種類は3種類あって、上記の新濃厚魚介以外にも、濃厚みそ(850円)、辛いつけ麺(800円)があります。それぞれプラス100円で味玉入り、プラス250円で全部入りとなります。

また、麺の量によっても値段が変わってきて、小盛り(240g)はマイナス100円、並盛(400g)、大盛(600g)は無料、特盛(800g)はプラス100円になります。私は並盛りをお願いしました。

新濃厚魚介つけ麺 全部入り

待つこと10分。「新濃厚魚介つけ麺 全部入り」(並盛)の登場です。スープは見るからに濃厚。全部乗せなので、味玉1個、チャシューと海苔がそれぞれ3枚ずつ乗っています。

まずは麺をスープにしっかり付けて一口。口の中にマイルドな魚介と節の味が広がりました。その後ジワジワと旨味と酸味が効いてきます。つけ麺というと最初にガツンと味を感じれる場合が多いのですが、しずくのつけ麺はゆっくりと濃厚に口の中に味が広がる感じです。想像以上の食べやすさでした。

つけ麺の拡大写真

そして、注目すべきはチャーシューの柔らかさ。箸でチャーシューの片側を持つと、重みで半分が切れ落ちてしまいました。一体どのくらい煮込んでいるの?と聞きたくなるぐらいの柔らかさでした。

並盛400gでしたが、思ったよりも少なかったです。男性でしたら600gで丁度良いぐらいかもしれませんね。最後にスープ割を入れて、残りのスープもたっぷり頂きました。

開店1周年が経過した今でも多くのファンを持つしずくさん。本当に美味しいつけ麺をご馳走様でした!!もし注文するときは、チャーシューが食べられる「全部入り」がおすすめです。(ねぎチャーシュー丼)も人気があるようですよ♪

 

スポンサードリンク


つけ麺屋 しずくの店舗情報

営業時間 [月〜金]

11:00〜スープなくなり次第終了
17:30〜21:00(スープ無くなり次第終了)
[土]
11:00〜21:00

定休日 日曜日
住所 宮城県仙台市青葉区錦町1-2-8
アクセス 地下鉄勾当台駅公園1出口より東へ徒歩約5分
仙台駅から徒歩10分

ランチランキング TOPページに戻る