小判寿司(仙台市)でランチメニューの「広瀬」を頂いた感想

これぞ職人のお寿司!小判寿司(仙台市)のランチ「広瀬」の感想

小判寿司の外観


食べログの「仙台市 寿司ランキングTOP100」にて第2位(2016年3月時点)にランクインしているのが、青葉区一番町にある名店「小判(こばん)寿司」さんです。

そのポイントは3.82。もう間違いなしの評価ですね。(ちなみに1位は、愛宕橋駅の近くにある弘寿司(ひろずし)さんで、3.88でした。)

前々からずっと「小判寿司でランチを食べたい!」と思っていたのですが、ようやくその日がやってきました。

小判寿司さんは一番町の文化横丁内にあり、あゆみブックスの裏手にあります。ファミリマートの所を曲がってすぐの所ですね。

スポンサードリンク


この日は土曜日。着いたのは12時半頃でした。「混んでるだろうな〜」と思いながら自動ドアが開くと、1階のカウンター席が3、4席程度空いています。これはラッキーかもしれません。

そのままカウンター席に通して頂きました。店内は気取らない雰囲気で、板前さんが手際良くお寿司を握っておられます。

ランチメニューは広瀬(1,620円)と、晩翠(2,160円)、南光院(3,240円)、おまかせとお好み(時価)の4つがあります。私は一番リーズナブルな広瀬を注文しました。

すると一番年上の板前さんが「ちょっとお待ちくださいね〜」と気さくに声をかけてくれました。

そしてカウンター席の目の前にお寿司を置く器が準備され、端っこにガリが盛り付けられます。そしてわずか2分後ぐらいに、1個目お寿司「ひらめ」が出てきました。

塩で味をつけているとのことで、そのまま一口。ネタも美味しかったですが、シャリがいいです。酢加減が丁度よく、粘りけも少なめなので、とても食べやすいです。また程よく温かみもあり「これが職人の握る寿司なのか!!」と密かに感動してしまいました。

1個目のお寿司が食べ終わったところで、みそ汁(あら汁?)も出てきました。魚の骨も入っているので、骨置き用の小皿も付いています。

その後イワシや数の子なども頂き、続いて出てきたのが炙りマグロ(※名前を間違えてたらごめんなさい)と、玉子です。

小判寿司「広瀬」の炙りマグロと玉子

この炙りマグロは思わず「ん〜!!」と唸りたくなるぐらい美味しかったです。この日一番の美味でした。玉子も厚めで、定番の旨さがありましたね。

そして最後に出てきたのが、キュウリとマグロの巻物です。

小判寿司「広瀬」の巻物

こちらは程よくワサビが効いており、味も良かったです。

私はいつも回転寿司ばかり行っているタイプですが、本物の寿司職人さんが握るお寿司は本当に旨いですね。

そして小判寿司さんはシャリが旨い!一番リーズナブルなランチメニューでしたが、シャリはみんな一緒ですからね。お得に美味しいお寿司を堪能できたと思います。

また、小判寿司さんは醤油を塗ってから出してくれるので、自分で醤油を付ける必要がありませんでした。握って出されたお寿司を、すぐに食らう。本当に幸せなひと時でした。

仙台にお住まいの方はもちろんのこと、出張や観光で仙台を訪れた方にも是非おすすめしたいお店ですね。私もこの小判寿司さんで、色んなネタを食べてみたいと強く思いました。

 

スポンサードリンク


店舗情報

店名 小判寿司
住所 宮城県仙台市青葉区一番町2-3-41(文化横丁内)
営業時間 (昼)11:30〜13:30、(夜)17:00〜21:30
定休日 日曜、祝日
電話番号 022-222-0354
禁煙・喫煙 分煙(1階は禁煙)
アクセス JR仙台駅西口から徒歩10分。青葉通一番町駅から約120m。
公式サイト http://www.koban-sen.jp/

ランチランキング