松屋の「担々エッグプレート」を食べた感想

ランチの栄養バランスを整えるために。

松屋の新メニュー!担々エッグプレートを食べた感想

松屋でチーズinハンバーグカレーが発売されてからわずか2週間後。2016年3月17日の木曜日にリリースされたのが、担々エッグプレートです。

この短期間で2つも新メニューを発売する機動力は、さすがですね。早速私も食べに行ってきました。

担々エッグプレートは「ワンプレート」に分類されるメニューで、1つの大きなお皿にご飯、牛肉、担々ソース、目玉焼き、サラダが盛り付けられたものです。

担々ソースは、豆板醤の辛味とごま油の風味を効かせているとのことでした。

値段は並盛が税込530円で、ライス大盛が税込590円です。ただし、発売を記念して3月24日(木)の15時までは、ライス大盛が無料となっています。

私が食べに行ったのは3月22日(火)でしたが、カロリー数を気にして並盛の食券を購入しました。(ちなみにカロリー数は、並盛が859kcal、ライス大盛が1012kcalとなっています。)

そして食券を店員さんに渡してから3分ぐらいで、担々エッグプレートの登場です。お味噌汁も付いています。

松屋 担々エッグプレート

まずはサラダを完食し、続いて牛肉を一口。松屋定番の牛めしのお肉で美味しかったです。

続いて担々ソースをご飯と一緒に食べてみましたが、味が濃いめで、程よい辛さもあります。なので目玉焼きを崩して一緒に食べたら、辛味とマイルドさが一体になって旨かったですね。

担々ソースにはお肉もしっかり入っていて、満足感もありました。

今回は並盛でしたが、ライス大盛にしてがっちり食べられるメニューだと思います。ワンプレートメニューは私の知る限り始めて見たので、今後はどんなメニューが発売されるのか楽しみですね。

 

ランチランキングTOPページに戻る

スポンサードリンク