松屋の「プルコギ定食」を食べた感想

2016年冬の期間限定メニュー!松屋の「プルコギ定食」の感想

新メニューの発売が活発に行われている松屋にて、2016年12月20日にリリースされたのが「プルコギ定食」です。

プルコギとは、韓国などの朝鮮半島における代表的な牛肉料理です。甘味のあるタレで香ばしく焼かれた牛肉は、なんとも言えない美味しさがありますよね。

松屋のプルコギ定食は、税込690円。お肉の量が2倍でご飯も大盛、または特盛にできるプルコギW(ダブル)定食は、税込990円で提供されていました。

また、定食には小鉢も付いており、生玉子、半熟玉子、キムチのいずれかを選べます。

今回私は、プルコギ定食×半熟玉子で食券を購入。普通盛にしたので、支払いは690円でした。

カウンター席に着くと、テーブルにはプルコギ定食の小さい広告が貼り付けられています。「香ばしいタレ×ジューシーカルビ」という言葉も入っており、実に美味しそうです。

そして注文してから4分ぐらいで、店員さんがプルコギ定食を持ってきてくれました。

松屋のプルコギ定食

プルコギ、サラダ、半熟玉子、ご飯、お味噌汁の全5品。まずは胡麻ドレッシングをサラダにかけて、完食します。

続いてメインのプルコギを食べてみましたが、牛カルビ肉が香ばしく焼かれており、甘辛い味付けでニンニクもちょっと効いています。

お肉一枚で白米をたっぷり頬張りたくなるような、ご飯がどんどん進む味付けで美味しかったです。

味が少し濃い目なので、お腹が空いている時はご飯を大盛にした方が良いかもしれません。最後は半熟玉子をご飯の上に乗せ、それをお肉で包んで美味しく完食しました。

スタミナを付けたい時、または白いご飯をたっぷり食べたい時に、特におすすめのメニューですね。

 

ランチランキングTOPページに戻る


スポンサードリンク