知床いくらうどん(丸亀製麺・期間限定)を食べた感想


海鮮風の期間限定メニュー!丸亀製麺の「知床 いくらうどん」

2014年11月29日。そろそろ丸亀製麺が新メニューを出す頃かな〜と思い公式サイトをチェックしたところ、ビンゴでした。

タル鶏天ぶっかけの次の期間限定メニューとして、「知床 いくらうどん」の提供がスタートしておりました。まさか”いくら”で来るとは思いませんでしたね。

これを知ったからには、もう食べずにはいられません。ランチの遅い時間だったものの、丸亀製麺のお店へと向かいました。

そして、実際に注文した「知床いくらうどん」(並:税込590円)がこちらです。

知床 いくらうどん

北海道の知床で獲れた秋鮭のいくら、あおさ海苔、千切りねぎ、大根おろしが乗っており、出汁には大根おろしが混ざってあるので、少しみぞれ風になっています。

早速いくらをうどんに乗っけて1口食べてみましたが、口の中でいくらがプチプチと弾けて、今までに無い食感でした。あおさ海苔の独特の風味もあり、海鮮系の美味しいうどんになっていましたね。

みぞれ汁に大根おろしも加わっているので、後味はさっぱりです。半分ぐらい食べたら野菜かき揚げを乗っけて、ひたひたにして食べました。お碗が大きいので、丸亀製麺の巨大なかき揚も丁度良く収まりました。

とても美味しいうどんですが、味がマンネリかした時のために、天ぷら1個は何かあった方が良いと思います。また、かき混ぜるといくらが下の方に言ってしまうので、いくらは出来るだけ最初に味わうか、スプーンを使って上手に食べる必要があると思います。
期間中にもう1回ぐらいは食べてみたいと思いました。

 

ランチランキング

スポンサードリンク