丸亀製麺の「春のあさりうどん」を頂いた感想

あさりたっぷり!丸亀製麺の「春のあさりうどん」の感想

2016年4月6日の水曜日。この日は大手飲食店で相次いで新メニューや期間限定メニューが発売された日でしたが、讃岐うどんでお馴染みの「丸亀製麺」からリリースされたのが「春のあさりうどん」です。

猟師飯をイメージして作られたとのことで、あさりがたっぷり乗った魅力的な一品に仕上がっているようですね。

公式サイトで春のあさりうどんのことをチェックしたところ、使用されている材料は以下の通りでした。

あさり、わかめ、鰹節、サバ節、あご、バター、昆布

ダシにも海鮮系が使われていますね。値段は並盛で税込590円となっています。

今回は春のあさりうどんと一緒に、「三つ葉と小海老のかきあげ(税込160円)」も購入しました。したがって合計金額は合計750円です。

あさりうどんは、まずは何もかけずに、そのままお召し上がりくださいとのことでした。

春のあさりうどん

三つ葉と小海老のかきあげがこちらです。丸亀製麺で初めて見る天ぷらだったので、衝動的にお皿に盛っちゃいました。

三つ葉と小海老のかきあげ

まずはあさりうどんから一口。一見薄味に見えますが、塩とダシの味がしっかりと効いていて、美味しかったです。

あさりも丁度良く塩味が聞いていて、旨い!これだけあさりがあると「ジャリっ」と砂の入っているものも出てきそうですが、全くそんなことはありません。しっかりと砂抜きされています。

本当にあさりの量が多くて、最後は箸を持つ手が疲れてしまう程です。でも、その分いっぱい食べれたという満足感が高くなりましたね。

途中からは三つ葉と小海老のかきあげを加えて、最後まで美味しく頂くことができました。

あさりは鉄分やビタミンB12が豊富に含まれているので、貧血や低血圧ぎみの方には特におすすめだと思います。

 

ランチランキングTOPページに戻る


スポンサードリンク