幸楽苑の酸辣湯麺(サンラータンメン)を食べた感想

ランチの栄養バランスを整えるために。

幸楽苑の季節限定メニュー「酸辣湯麺(サンラータンメン)」

約2週間ぶりに幸楽苑に来てみたところ、新たな季節限定商品が追加されていました。そのメニューはずばり、酸辣湯麺(サンラータンメン)です。

酸辣湯は中華料理で出されるスープの1つであり、酸味と辛みの両方を持つスープです。一般的には、シイタケや長ネギ、豆腐などの具合が入ったスープを醤油やしょうが汁で味付けし、酢と唐辛子も加えます。そして、片栗粉でとろみも付けて、最後に溶き卵を加えて出来上がりとなります。

幸楽苑で酸辣湯麺が登場したとなれば、食べてみなければなりません。店員さんに酸辣湯麺を注文したところ、「大盛ですか?」と聞かれて、「え?いや・・」と言ったら、すかさず店員さんが「大盛り無料ですよ。」と言ってくれたので、「じゃあ、大盛りで!」とお願いしました。丁度お腹が減っていたので、嬉しかったです。

そして注文してから3、4分程度。酸辣湯麺(税込669円)の登場です。

幸楽苑の酸辣湯麺(サンラータンメン)

早速1口頂いてみましたが、ほんのりと辛みと酸味が効いていて、全体的にマイルドなやさしい味わいでした。思ったよりも辛くなく、どんどん食べられる感じです。酸味もあるので、お箸がどんどん進みます。

お腹が空いていたものの、幸楽苑の大盛りはボリュームがあります。食べ終わる頃には、お腹いっぱいになっていました。

スープはやさしい風味があるので、ご飯の時の味噌汁代わりとしても食べてみたいなと思いました。

 

ランチランキング


スポンサードリンク