幸楽苑の「二代目醤油らーめん司(つかさ)」を食べた感想

幸楽苑のおすすめメニュー!「二代目醤油らーめん司」の感想

寒い冬がやってくると温かいラーメンがどうしても食べたくなったりしますが、そんな真冬に発売された幸楽苑の新メニューが「二代目醤油らーめん司(つかさ)」です。

二代目という名の通り、以前発売されていた「司らーめん」が新しくなったこのメニュー。

2016年12月13日の火曜日に、税込529円で発売されました。

公式サイトでは「長期熟成醤油ダレ、とんこつ、鶏ガラ、飛魚、煮干し、野菜から炊き出したスープ、コシがある麺を使用した一品です。」と掲載されており、どんな味なのかとても気になりますね。

また販売地域は東日本限定となっており、以下の都道府県で提供されているようです。※2016年12月現在

東北地方 ⇒ 青森県、秋田県、岩手県、宮城県、山形県、福島県

関東地方 ⇒ 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県

甲信越地方 ⇒ 山梨県、長野県、新潟県

そして今回行ってみた幸楽苑のお店では、平日限定のランチメニューとして以下のセットメニューが提供されていました。

二代目醤油らーめん司 ギョーザランチ(税込691円)※50円お得

二代目醤油らーめん司 半チャーハンランチ(税込799円)※60円お得

二代目醤油らーめん司 ミックスランチ(税込907円)※160円お得

ちなみにミックスランチセットは、二代目醤油らーめん司と半チャーハン、ギョーザがセットになったものです。

スポンサードリンク


今回私は、691円の「二代目醤油らーめん司 ギョーザランチ」を注文。最初に運ばれてきたのが、下の「二代目醤油らーめん司」です。

二代目醤油らーめん司(つかさ)

以前販売されていた「司らーめん」よりも、色が濃いです。

その後すぐに、幸楽苑のギョーザも運ばれてきました。

幸楽苑のギョーザ

まずは二代目の麺を一口食べてみましたが、予想以上に味がしっかりしていて、とても美味しかったです。

醤油ダレだけでなく飛魚や煮干し、鶏ガラ、とんこつなど、色んな食材が使われているというのも納得のスープですね。奥深い味わいで、コクもあります。試行錯誤した上で完成したラーメンなんじゃないかな〜と勝手に思ってしまいました。

ギョーザは焼き目側の方が少しカリっとしており、相変わらず旨かったですね。二代目醤油らーめん司を食べては定番のギョーザを頬張り、満足度の高いランチとなりました。

リーズナブルな値段で食べられる美味しいラーメンですので、まだ食べていない方へぜひおすすめしたいです。

 

ランチランキングTOPページに戻る


スポンサードリンク