川崎市の美味しいランチ店特集!

川崎市の美味しいランチ店特集!

川崎市は東京都のすぐ下に隣接している、神奈川県の政令指定都市です。

人口は2016年2月時点で、約148万人。人口が100万人を超えている都市は県庁所在地であることがほとんどなのですが、神奈川県の県庁所在地は横浜市です。川崎市は、日本で唯一100万人以上の人々が住む政令指定都市となっています。

また、政令指定都市としては日本でもっとも面積が狭いので、人口密度も高いです。東京23区内にも、横浜市にも近い。利便性がとても良いことから、たくさんの方々が川崎市に住んでいます。

そんな川崎市は、美味しいランチを提供しているお店も盛りだくさんです。全国区の有名チェーンだけでなく、川崎の地に長く根を下ろして元気に営業されているお店もたくさんあります。

このページでは、そんな川崎市で評判の良いランチ店に行き、実際に人気のメニューを頂いた感想を写真入りでまとめております。川崎でランチを食べる時のご参考になれば幸いです。

ようすけ鶏煮亭(とりにてい)


 

スポンサードリンク

川崎市についてもっと詳しく!都市の特徴や観光地、お土産など

JR川崎駅の写真


川崎市は7つの区から成り立っており、東側(海側)から川崎区、幸区、中原区、高津区、宮前区、多摩区、麻生区があります。

また、東京都と横浜市の間に挟まれた都市で、神奈川県内では横浜市しか隣接していません。一方東京都では、世田谷区、大田区、多摩市、稲城市、調布市、町田市、狛江市と隣接しています。

JR川崎駅から横浜駅は電車で約8分、JR東京駅までは約18分で行けます。また川崎駅から新宿駅に行く場合は電車を1度乗り継いで、40分ぐらいで到着します。

川崎市は江戸時代からずっと栄えており、武家も多いです。昔は閑静な住宅街が多いと言われていましたが、今は利便性の良さからたくさんの若い世代の方々も定住するようになっています。また、東京湾岸には埋立地も広がっており、大きな重工業地帯が広がっています。

川崎市は面積は小さいながらも、利便性と多面性に優れた魅力的な街だと言えるでしょう。

そんな川崎市で喜ばれるお土産(名産品)や有名な観光地には、以下のようなものがあります。

川崎で人気のお土産(名産品)

朝焼きどら焼き、川崎ぽてと、江戸前海幸豆、かわさき餃子みそ、久寿餅、きなこ飴、きな粉豆、やままるあいりのチーズロール、追分まんじゅう

観光地

川崎大師 平間寺、藤子・F・不二雄ミュージアム、日本民家園、ラゾーナ川崎プラザ、生田緑地、電車とバスの博物館、岡本太郎美術館、夢見ヶ崎動物公園

これらはいずれも代表的なものです。他にもいっぱいあるので、足を運んだ際には、ぜひ新しいものも発見してみてください!

ランチランキングTOPページに戻る


スポンサードリンク