麺屋むじゃき 水戸市 ランチランキング

暑い夏の日は、クーラーの効いた部屋でゆっくりDVDを。

濃厚スープの旨味は絶品!麺屋むじゃき

むじゃき外観


2013年の4月上旬。快晴のこの日に、まずは「麺屋むじゃき」に行って来ました。店舗は水戸駅南口から徒歩で25分ぐらいのところにあります。

人気店ゆえに行列が出来る前の到着しようと考え、ちょっと早めに出発。開店3分前の11時27分ぐらいに到着したのですが、私の考えが甘かったです。お店の前には既に15人ぐらいが並んでいました。

初めての来店だったのですが、むじゃきでは最初に店内で食券を購入してから店の外で並ぶようになります。私は開店直前にいったのですが、結局25分間ぐらい並んでいました。夏の暑い日や紫外線が強烈そうな日はきちんと対策をして出かけるようにしたいですね。

スポンサードリンク


一巡目のお客さんが店内から出始めてきて、二順目でようやく店内のカウンターに座ることができました。店内はカウンターが5席、小上がりのテーブルが3つあります。1テーブル4席として、17席あります。

注文したのは「つめけん」(750円)です。麺の量は250gで、375gが100円増し、500gが200円増しになります。つけめんの他、むじゃきラーメン、海老つけめんなどがありました。

そして待つこと5分。つけめんの登場です。

むじゃきのつけ麺

汁は見るからに濃厚そう。麺の上にはチャーシュー、蒸した鶏肉、海苔、メンマが乗っています。
まずは麺をスープにひたして一口。思ったとおり濃厚で旨い!!

味は魚介類とカツオだしを混ぜ合わせたものかな?と思って店員さんに「スープのベースは何ですか?」と質問したところ「鶏ぱいたん」という答えが返ってきました。

鶏パイタンとは、鶏ガラを強火で煮込んだときに、熱によって脂肪とゼラチン質が乳化してできる白濁したスープです。

むじゃきの麺

麺は太く、固めです。十分な噛み応えがありました。チャーシューも固めでしたが、鶏肉は柔らかくて美味しかったです。

汁は濃厚なため、最後にスープ割りをお願いして汁を飲んでいるお客さんが多かったようです。

7分程度で完食し、店の外に出てみると、やはり20人ぐらい並んでいました。しかし、並ぶに値する美味しさを堪能することができました。

もし、まだ麺屋むじゃきに行っていないという方は、ぜひ足を運ばれてみて、その旨い味を堪能して頂ければ幸いです。

 

スポンサードリンク


店舗情報

店名 麺屋 むじゃき
営業時間 11:30〜14:00
18:00〜21:00
※材料がなくなり次第終了
休日 月曜夜の部、木曜日
住所 茨城県水戸市東台1-5-31
アクセス 水戸駅から1,525m(徒歩で25分ぐらい)
席数 17席 (カウンター5席、小上がり席(4名×3卓))

ランチランキング